2005年4月30日公開

氷雨

ICE RAIN

1052005年4月30日公開
氷雨
2.3

/ 20

5%
15%
25%
15%
40%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ウソン(ソン・スンホン)はアラスカ・アクシア登山に仲間や先輩のチョンヒョン(イ・ソンジェ)と参加したが、猛吹雪に襲われ仲間とはぐれてしまう。先輩のチョンヒョンとふたりになったウソンは氷の洞窟に避難する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(12件)

絶望的14.0%不気味11.6%悲しい9.3%切ない9.3%かっこいい7.0%

  • bic********

    1.0

    悪いね

    悪いですね。

  • sav********

    4.0

    日本演歌のタイトルとは関係ありませんよ

    毎週月曜日に行っている気がする、ソン・スンホン祭(苦笑) 『宿命』『あいつはカッコよかった』『氷雨』 もうここまで来たら全部観ちゃえと、同作も鑑賞してきちゃいました。 先着特典のポストカードをゲット。 客席も、今回は私以外にも男性がいる。 どうしてだろ?少しホッとした面持ちで上映を待ったのでした。 ☆彡     ☆彡 また、三角関係かよ(苦笑) → でも、切り口の角度ちがうよね → うわっ、やべぇ。エンドロール中、感涙 触れ込みは 韓国初の本格的山岳映画。 エンドロールを観ると、本当に、 カナダかアラスカに行き、山岳ロケを敢行したようです。 わたしたちは、 その壮大なスケール、 雪山の美しさに見惚れているだけですが、 撮影現場の厳しさは想像を絶するものではなかったのではないでしょうか。 まずは、キャストを含めた、全スタッフに、大拍手です(笑顔) ◇   ◇ 女一人、男二人。 また同じ構図で三角関係かよ。 『妻が結婚した』『キッチン』に続き、 さすがに3連発は勘弁してくれよ、と序盤は正直、食傷気味でした。 しかし、途中から 切り口の異なる展開に引き込まれていく私がいました。 メインの男性2人を軸に、 現在と過去を、行き来しながら話しは進められていく。 そして、その中で、 男性2人は、ある事実に気づく。 “頂上にたつと、失った人に会える山” 互いの、登頂に挑んだ理由がわかったとき、 互いの、過去から、今現在にいたるまでの、 生きていく苦しさ、つらさを知る。そして、 そこに、向きあうまで、3年の月日を要した理由も。 え~、 これ以上、 登場人物を掘り下げると、即ネタバレになってしまいます。 それほどまで、ラストから緻密に逆算をして、脚本が練りあげられています。 考えてみれば当然なんですよね。韓国初の海外大型ロケの筈ですから、失敗するわけにはいかない。 それなりの脚本、キャスト、スタッフが整っていなければ、製作にゴーサインが出る訳がありませんから。 エンドロール中に泣いてしまったわけ。 実は、そこまで、感動はしましたが涙は出ませんでした。 ところが、 最後の最後に来るナレーションを耳にし、 スクリーンに映し出された山々を目にした瞬間、 そこまで全部のことが、あっという間に、一気に繋がり、涙腺が切れちゃいました。 主要2名+女性役1名の頭の中を思うと・・・。 きっと、この苦しさを、誰にも口にできなかったんだろうな。 3人は、それぞれ、あの山に、誰に会いに行ったのかな。会えたとき、どうしたのかな。 あ~、 やばい、またウルウルしてきたぞ(苦笑) ☆彡     ☆彡 雪山に降る 冷たい雨、氷雨。 悲しい雨、悲雨。 このタイトルには、そんな意味も込められていたのではないでしょうか。 氷雨は、3人の悲しみを、癒し流してくれたのでしょうか。 3人が、過去は過去とし、幸せなときを送っていると信じたい。 そして、現在も、これからも、あたたかく、見守り続けることを願う。

  • aka********

    1.0

    魅力のないヒロイン

    二人の男に愛される女性が、最初から最後までただのイモ姉ちゃんにしか見えなかった。 最初、ダサいイモ女に見えた女性が映画の進行とともに輝いて魅力的に見えてくるのが名作といわれる映画のヒロインたち。 最後までヒロインの魅力を描けなかったこの映画はその意味からして駄作。 自由奔放な言動っていっても、酔っ払って線路に飛び降りたり、車道を横切ったり程度。 門限に遅れてよじ登っていくのも、ふ~ん、登山部に入ったのもこういうのが得意だったからなんやね・・と思った程度。 四次元少女(不思議ちゃん)キャラにしては、大人びていて若さを感じないし、弾けてないし・・ だから、そんな魅力のないヒロインを思う男二人が嘘っぽくて、結局誰にも感情移入できず。 さらに致命的なのは回想の入れ方。 二人の男それぞれの回想が交互に次々に挿入されるわけだけど、回想に入る時も、回想の中でも感情が描かれていない。 つまり、出来事を説明するためだけの説明的回想になってしまっている。 これはシナリオ初心者がよくやってしまう下手な回想の入れ方であり描き方。 不倫といえども死んでもいいほど相手を愛していたのなら、彼女と彼の切ない思いがもっともっと伝わってくるはずなのに、あの回想の入れ方からは、彼女の恋も、二人の男の想いもち~っとも切なく感じなかった。 ロングから撮った雪山シーンだけは迫力あって美しかった。 (CGと丸分かりの彼女の××シーンは安っぽかったけど) 5億もの製作費使ってカナダロケまでして、こんな作品って・・・もったいないなぁ。

  • min********

    4.0

    ネタバレ★ダイナミックな雪山シーン★

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kor********

    3.0

    カッコ良くてもソンはする。

    「好きな子が僕の頭をバリカンで強引に坊主にしたんだ」って普通トラウマになる出来事ではないかなソン・スンホン。 憶測するとかなりのドMなソンさん。カッコいいのになんか男らしさが足りない草食系ソンさん。気づけばソンさんの映画をけっこう観てきている今年。若い頃の彼よりも年を重ね渋みが出てきた今のソンさんの方が断然カッコいいとわかった近頃です。 “韓国初の本格的山岳映画”という売り込み通り、本当に海外の山での撮影に挑み制作費も日本円に換算すると5億円近くかかったとか。といっても邦画の『ミッドナイトイーグル』は倍の10億円ですが。ヒロインは芸人の青木さ○かさんにそっくりなキム・ハヌル。彼女は韓国女優界のヒットメッカーで、テレビや映画にひっぱりだこの女優さんです。そこら辺にいそうな親近感ある女優さんです。ソンさんの恋敵役のイ・ソンジェさんも演技派で有名。かなりお金もかかり豪華な作品なのですが興行的には成功とは呼べず残念な結果を残してしまった作品です。 過酷な雪山でもお構いなく火花を散らす二人の男の嫉妬心。過去と現在を交互で構成しジャンルでいえば少しシリアスなメロドラマといったところでしょうか。ただ肝心な役のキム・ハミル演じる女性に私はこれっぽちも魅力を感じられなかったので、どうも入り込めなかったです。男性陣の心境はわりと描けているのですが、彼女の心境がどうもわからない。思ったことをためらわず口にし、マンションの鍵を忘れると塀をよじ登るのも平気なアクティブな女性。切れたら青木さんばりに毒舌になりそうなんだけれど男性からはモテる。そして意外と心は鈍感かつ繊細な部分も…。う~ん、めんどくさい女性だな(笑) 三角関係の核となる人物に掴みがないと魅力も薄れてしまいます。カッコいい男達も見る目がないと損するんだな~と寂しく思ってしまいました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
氷雨

原題
ICE RAIN

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日

ジャンル