2005年7月23日公開

リンダ リンダ リンダ

1142005年7月23日公開
リンダ リンダ リンダ
3.8

/ 787

28%
38%
22%
7%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(337件)


  • cyborg_she_loves

    5.0

    めっちゃ大好きな映画です

    ブルーハーツのファンには袋叩きにされるだろうなと思いつつ、でも事実ですので書かせてもらいます。  最後にこの女の子たちのバンド「パーランマウム」が「リンダリンダ」を歌い始めた時、体中に電気が走り、涙があふれ、思いました。ブルーハーツの原曲よりぜったいこっちの方が数段いい。  もっと露骨だったのは、パーランマウムが「終わらない歌」を歌った直後、エンドロールの後ろでブルーハーツの同じ曲が流れた時でした。  なんだこのサエない演奏は。リズムがフラフラと揺れ、どんどん遅くなっていってる。パーランマウムの方が10万倍すばらしい。  ま、あくまで私の主観です。  命だけは助けてください。  あとは思ったことをちょこちょこと。  ペ・ドゥナさん。25歳で高校生役ですが全然違和感ない。  いつも猫背気味で首を前に突き出してますが、韓国人留学生が日本の学校にいる時の「引け目」みたいなものを、とてもうまく表現してますね。  10代の頃の山下リオちゃんにちょっと似てる。  香椎由宇さんは当時18歳ですが、ドゥナちゃんよりよっぽど大人びて見える。すんげー美人ですね。同じクラスにこんな子いたら畏れ多くて声かけられんだろうなと思った。  この映画、高校生の日常を映してるだけでつまんない、とレビューしてる人を見かけますけど、いやストーリーはまさしくそのとおり。  ストーリーで映画を見るタイプの人にとっては、退屈な映画だろうなと私も思います。  4人が最初に音合わせをした時のあのドヘタな演奏から、最後の本番まで、数日しかたってないと思うんだけど、どうやってここまで上達したかの過程もまったく描かれてないし。  私はこの映画は、全体のストーリーの流れはそんなに大事じゃないんだと思います。  そこに詰まってるひとコマひとコマの日常の描き方が、じつに秀逸なんです。日常を映してるだけだからこそ素晴らしい映画だと私は思います。  ちなみに、これ見て、なんも演技してないただの日常を映してるだけ、ドキュメンタリーみたい、と言う人もいるようですが、なんも演技してない日常を映してるだけのように見える映像を撮るには、じつはものすごい演技力と演出力が必要だということを、わかってほしいです。  嘘だと思う人は、ためしにビデオカメラ回して日常生活をなんも考えずに気ままただ撮影して、何ヶ月か後に見てみるといい。  実際に自分が体験したその時の印象が、まるでそこに残ってないことに、愕然とすると思います。こんなことあったっけ? こんなこと言ったっけ? と思うようなシーンばかりが映ってると思います。  素人がただカメラ回したって喜びも悲しみもなんにも映らない。  だから映画は難しく、面白い。  だから映画ファンはやめられません。

  • tak********

    5.0

    「台風クラブ」か「リンダ×3」か

    久々観たけど、やはり素晴らしい映画。 映画を観て「面白くない」と評するのは自由だけど、この映画を「つまらない」とか「中身がない」とか言う人たちって、さもドラマチックな青春を過ごしてた方々なのだろう、と思われ、むしろご愁傷様と言いたい。 高校時代のなんだか結論出ないままモヤっと物事が過ぎていく感じをとてもリアルに切り取った映画だし、そんな中の当事者の焦燥感や遠回りや諦めや背伸びや憧れなど、本人たちですら実態の分からぬ感覚がどのシーンからも感じられ、観ていてずっと心地良い痛みを感じる。 フロントに韓国からの留学生を立てたのも 、なかなか他の青春ものにはない変化球で、かつ奏功している。 さすがのイハの音楽だし、撮影も素晴らしく、小ネタも気が利いていて、出演者もヤケにリアル。つまり、ほぼ文句の言いようがない

  • walbatross

    3.0

    地味な青春映画

    高校生の学祭、軽音楽部が舞台。ドキュメンタリーを思わせる構成と演出。お洒落だなと思うか、つまらないと思うかは見る人が映画に何を求めるかによる。私は中間層なので、最初のうちは「見てられねー」と思ったが、終わってみれば、それなりに良かった派。少なくとも、笑って泣けての映画ではないので、そういうのを期待すると、がっかりする。主人公の女の子たちはみんな地味。そんなに一生懸命でなく、それなりに頑張って生きている。それが普通の青春だよねと思える中年以降の世代にはいいかと思う。チョイ役で出ている松山ケンイチがいい感じ。

  • かなざわちあき

    4.0

    これ好きな映画だった

    ホントに久しぶりに観てみた。 なんだかドキュメンタリータッチな演出なんだけどそこが又いい。青春ていいなあって思える映画。

  • wem********

    3.0

    ネタバレ青春って、こういうものじゃん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sir********

    4.0

    平成の青春の爛熟を映像化した作品

    2000年代初頭って、ギリギリ宿直の教員がいて、学校にこういう青春が発生する多少の隙間が許される本当に最後の時期だったように感じる。 その平成の青春の爛熟期とも呼べるような校舎風景を映画的に切り取った作品。 いやぁ、ええわぁ、、、^_^

  • ハム太郎の孫

    3.0

    全員ドブネズミみたいに美しくなれず、、、

    素材はいいのに女優が全員落ち目で目が出ず。 あ、でも主演の韓国人だけはその後活躍してました。 監督の見る目がなかったからか、ストーリー自体も盛り上がりにかける二流作品。

  • yuu********

    1.0

    こっちが眠たくなる駄作

    評判が良かったから家族で見ようとレンタルしたが………… いやいや20分で作れる内容を2時間近く淡々と無駄な間延びする内容で、しかもラスト何の感動もなく終わって、、えっーー! こんなんで感動するの?青春を思い出すの? 他人の何の思い入れのない卒業アルバムを見せられてる感じで感情移入できない。 自分が好きな「君に届け」「ウォーターボーイズ」「アニメ・時をかける少女」辺りの青春映画を期待してただけに残念。 徹夜で練習して睡魔に襲われみんな寝てしまうシーンがあるんだけど、 こっちが眠たくなるわ!

  • syl********

    5.0

    息遣いまで解る最高傑作!

    だいぶ遅いですが、初めて観させて頂きました。本当に素晴らしい作品です。国家の指導者なんかより、若い世代の力がどれだけ大切か痛感しました!感動で胸がいっぱいです。ありがとうございます。

  • アサシン

    3.0

    香椎のこと

    キャストの惹かれて観たが、なかなかの出来栄え。 オダギリジョーは見る目がある。

  • エル・オレンス

    3.0

    ネタバレさすがにもう少し盛り上がりが欲しい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    1.0

    映画じゃなかったら観れたもんじゃない

    こんな間延びした起伏もオチもないただの日常描かれてもねえ そして根本的なところで会話も聞き取りにくい そこまでリアリティいらん 映画じゃなかったら観れたもんじゃない 漫画なら読み切り30Pでも読み切れず脱落してるわ

  • kat********

    5.0

    涙が出てきた

    特に語る事もなく、盛り上がりにも欠けるダラダラとした話ですが この平凡な文化祭が、大半の人のリアルな人生において、かろうじて物語になりえる唯一の瞬間なんだという事実を思うと切なくなって涙出てきた

  • tam********

    3.0

    女優さんが良かった!

    テレビの録画で観ました。14年前の映画なんですね。映像がど素人の8ミリを思わせる平面的なアングルとテンポの悪さに驚かされましたが、女優さんのピュアで普通な感じが良かったので最後まで観てしまいました。もう少し話しの中に彼女達の内面の葛藤を出せたらブルーハーツと重なっていい味が出たのかなと思います。彼女達の30代になった現在の様子もググって見ましたがそれぞれの道を歩んで今も頑張ってるのでちょっと安心しました。

  • NUG

    1.0

    文化祭のドキュメンタリー

    女子高生が文化祭でバンドを演るってだけ。淡々と描いてれば、その裏に何らかの強いメッセージを読み取ってもらえるかな的な薄っぺらい映画です。ブルーハーツに謝ってほしい。

  • ft0********

    1.0

    何これ

    何がしたいのか、何が言いたいのか…さっぱり分らん。 終始グダグダ、ダラダラでこれでロック? しかもブルーハーツ?嘘だろ。 もっとロックな話にしてほしかった。 まぁ、実際は高校の学園祭なんてこんなもんでしょう。 でも、これが青春だ!なんて思えない。 良かったのは、松山ケンイチの告白シーンが可愛かったね。

  • mam********

    5.0

    人生は終わらない歌

    何度でも観たくなる。 でもある同業者は退屈だと言っていた。同じ仕事をしていても本当に人の好みって違うんだな、と思った。この作品が好きか嫌いかでその人と人生観を共有できるかどうかがわかりそうだ(笑) メンバーそれぞれがかっこよく美しく愛おしい。ザ・ブルーハーツの名曲たちがそもそもこの映画のために作られた訳ではない、ということを差し引いても、音楽映画の傑作だと自分は思う。 留学生が偶然の出会いから徐々に馴染んで、いつの間にか得難い仲間になっていく流れ、ザ・ブルーハーツの甲本ヒロトの弟さんであり名脇役、甲本雅裕演じる先生の生徒たちへの不器用な愛情が自然で微笑ましい。 文化祭が近づくにつれ校内の空気が徐々に昂っていく様を、男子(マツケン!)の一世一代の告白で象徴的に見せる抜群のセンスにも唸らされる。本作は形を変えた「台風クラブ」だ。 体育館でのライブシーンも実は最後列や壁際の生徒たちはそんなに盛り上がってなくて、淡々と見てるだけの者も多い(マツケンは別の意味で静かだが)。単純な青春サクセスストーリーでもないところが本当にリアル。そりゃみんなでプロを目指しているわけでもなんでも無いしこれが正解なのだ。 そして「終わらない歌」へ一気になだれ込み無人の校舎の点描が続くエンディングは泣ける。使いふるされた言い回しだが、ある年齢のある瞬間の輝きは誰もが決して取り返せない。それは残酷なことに出演している役者たち本人も。でも人生は否が応でも続いて行く。いや続けなくてはならない。この無人の「終わらない歌」は出演者、スタッフ、観客の今後の人生への応援歌なのだろうと思った。

  • hir********

    5.0

    ネタバレ10年前に観た時と同じ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mar********

    5.0

    ネタバレ全てがクライマックスへ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pig********

    3.0

    ネタバレリンダリンダリンダ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/17 ページ中