2005年6月4日公開

大いなる休暇

LA GRANDE SEDUCTION/SEDUCING DOCTOR LEWIS

1102005年6月4日公開
大いなる休暇
4.1

/ 107

43%
32%
20%
5%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

カナダ・ケベック州の小さな島、サントマリ・ラモデルヌ島はかつて漁業が栄えたが、今は失業手当に頼る生活を島民たちは余儀なくされている。そんな島に大規模なプラスチック工場誘致の話が持ち上がり……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(52件)

楽しい22.1%笑える20.9%コミカル19.0%泣ける7.4%かわいい7.4%

  • kay********

    5.0

    人生で1番好きな映画

    1番好きな映画は?と聞かれ、必ず答えるこの映画。

  • dkf********

    3.0

    ついて良い嘘もある

    「ウェイクアップ!ネッド」「ウェールズの山」のようなスケールの大きな嘘にまつわる騒動をコミカルに描いた良作で、フランス語圏ケベックを舞台にしたカナダのお話。 先の2本が英国流のブラックなユーモアセンスが溢れていたのに対し、本作は意地の悪いブラックさよりもほのぼのとしたユルさの方が目立っているのがミソ。やっていることは詐欺だが、登場人物達のキャラが皆善人ばかりで、やることすべてがチャーミングで憎めない。コミカルでハートフル、ある種ファンタジックですらある脚本の出来が良い。 脚本を手掛けたケン・スコットは後に「人生、ブラボー!」などでは監督にも転じた人で、可笑しみのある個性的なストーリーを生み出す才人だ。 ただ、紅一点の女性キャラ(キツめの濃い顔立ちで見ようによっては美人かも)の描き方が中途半端で物足りず、そこだけは少し残念な印象だ。 一般的にはあまり知られていないものの、ニコニコ笑えてほのぼの出来て、誰もが楽しめるこんな作品が悪いわけはない。というか、これを観て「他人を騙すような話は気分が悪い」などという聖人君子とは友人にはなりたくない。

  • 一人旅

    5.0

    島民たちの工場誘致大作戦

    ジャン=フランソワ・プリオ監督作。 ケベック州の小さな島を舞台に、工場誘致を巡る島民たちの奮闘を描いたコメディ。 ほのぼのとしたカナダ産人情喜劇の傑作で、島民の大半が生活保護に頼り切りの小さな島サントマリ・ラモデルヌを舞台に、プラスチック工場誘致によって貧困から脱却するための島民たちの奮闘劇を、陽光溢れる長閑な島風景の中に綴っています。ケベック州の小島が舞台なので言語は英語ではなくフランス語です。 工場誘致のためには医師の常駐が必須条件。そこで島民たちは島を訪れた青年医師:クリストファーを島に“居座らせる”ため奮闘します。医師に島を気に入ってもらうためあの手この手で策を講じるのです。島の古びた一軒家を文化遺産として勝手にアピールしたり、クリケット好きな医師のために即席のクリケット球場&クリケットチームを作ってスポーツ振興の熱い島であることをPRします。さらには医師がビーフストロガノフが好物だと知れば島唯一のレストランに先回りして発注しておきますし、医師に島釣りの楽しさを味わってもらうため釣り針に魚を引っ掛ける“接待釣り”まで繰り出す始末です(そういえば「こち亀」にも似たようなお話がありました) 島の魅力(全部嘘っぱち)を島民総出で演出することで医師に島を気に入ってもらう大芝居の顛末を描いた“工場誘致大作戦”ですが、思いのほかハートフルで人情味溢れる結末が後味のいい爽やかな感動を生み出しています。何より、ほのぼのとした島風景に島民たちの素朴な人柄が心地よく溶け込んでいます。

  • mty********

    5.0

    一生愛でたい映画

    とにかくみんな可愛いです、登場人物がみーんな可愛い。 おじさんおばさんばっかりなのに、その辺のアイドルなんかよりも遥かに可愛い。 わりとシリアスなテーマなんでしょうが 暗くならず、のほほんとした気持ちで見られるのは やはりキャラクターの力なのかな。 この映画が広まらない意味がわからない。 わたしにとってはナンバーワンの映画です。 イヴォンがこの世で一番かわいい人間なんだと思います。

  • jir********

    5.0

    あなたと私の約束

    全島民で島の良い所を演出する為に嘘をつく、という設定がまず良い! 誰ですか考えたのこれ!? これは「島民」の所を、何にでも応用できるアイデアです 暴走族がチームの良いところを紹介するでも良いですし、インド人が自国の良い所~でも、良いです。何でもイケます テーマにニートや生活保護者向けに「働く事の素晴らしさ」というのが入っていて、これが直接的ではなく、すんなり受け入れられるような設定に変換してあるのにも感心しました ニートに働け!と言ったら反発しそうですが、この映画を観さしたら素直に自ら「働いてみようかな・・・」と思えるような自然さです 太陽と北風の太陽の方の作戦です カナダの映画ですが自国でも就職難やニートが社会問題になっているのでしょう 働かない旦那やニートな子供を持つ親御さんはそっと、見せてみたら良いと思います それとギャグがキレッキレです 大爆笑するシーンが何度もありました シチュエーションでも笑わせてくれるしキャラクターでも笑わせてくれます プププ・・・「マシン」て・・・笑 マシンが何なのかは、観てのお楽しみです 吹き替えの方が良いと思います 文句なし満点です ここまで文章読んでまだ観てない人は必ず観てください! 約束ですよ!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


レモン・ブシャールジェルマン・ルサージュ
デヴィッド・ブータンクリストファー・ルイス
ブノワ・ブリエールアンリ・ジルー
ピエール・コランイヴォン・ブルネ
リュシー・ロリエエヴ・ボーシュマン

基本情報


タイトル
大いなる休暇

原題
LA GRANDE SEDUCTION/SEDUCING DOCTOR LEWIS

上映時間

製作国
カナダ

製作年度

公開日