ここから本文です

シン・シティ (2005)

SIN CITY

監督
フランク・ミラー
ロバート・ロドリゲス
クエンティン・タランティーノ
  • みたいムービー 369
  • みたログ 4,803

3.49 / 評価:1344件

インパクト薄い脚本とインパクト絶大な映像

  • えだまめ さん
  • 2020年6月12日 18時49分
  • 閲覧数 668
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

“お前がこれから味わう地獄に比べたら、本当の地獄は天国だぜ” でたーー
悪人たちの無法地帯, それがシンシティ.
自分は続編の”復讐の女神”を映画館で先に見ていて, 物語は覚えていないものの独特な映像と世界観から受ける不思議な印象を良く覚えていた. なんだかわからんがとてもイカしたものを見たような感覚を覚えていて, 再び見たくなったので前編のSin cityをDVDでレンタルした.

“地獄とは何の目的もなく生きることだ”

一人目の主人公マーヴはただ暴れん坊なだけではなくてセリフがいかしてるんですよね. 彼の悪行には芯が通っているというか, もちろんお近づきにはなりたくないんだけど, 遠くで見ている分にはなんだか応援したくなるんですよね. 悪が渦巻くシンシティにおいて陰謀や策略に距離を置く, 裏表のない人間に見えました. シンシティの癒し系ですね.

二人目の主人公ドワイトは優男っぽくて弱そうだなと思ったけど, 彼も女性のために戦う漢ですね. このパートは, 彼よりもオールドタウンの女たちが印象的でした. ドワイトは女たちにいいように利用されている?女に甘そうだもんなぁ.
殺人兵器ミホの動きがもっさりしてるのはご愛嬌. それでも強い, もっさりしてても強い、、僕はこの娼婦街で遊びたくはありません笑 何をされるか分かったもんじゃない。。

三人目の主人公ハーティガン刑事の物語は渋く, 切ない. そして何と言ってもこのパートに出てくるジェシカ・アルバのナンシーが超魅力的です. ハーティガンの不器用すぎる正義. 冤罪を認めれば出所できるのに8年間もプライドを守り続ける不器用. 夢のようなナンシーからの愛を受け入れることができない不器用. さすがシンシティ最後の正義です. 一人だけただの善人でした. ハーティガンが最後にとった選択は, ロアーク上院議員に勝ち逃げし人生の恋人ナンシーを守れるただ一つの方法でした. 切ない.

みんな、引っ越そう.

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ