ドラマスペシャル 古都
3.7

/ 9

33%
22%
33%
0%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

かわいい33.3%切ない33.3%悲しい16.7%泣ける16.7%

  • cyborg_she_loves

    5.0

    秀逸な心理描写

     放映当時のレビューしかここには上がっていないのを見ると、今時わざわざ見る人はあんまりいなくなったのかな。でも、今でも映像ソフトは入手可能だし、作品もとてもよくできていて、十分見る価値ありますよ。  1963年の中村登監督・岩下志麻さん主演の、あの有名作に比べたら、映像の美しさの点ではやや見劣りしますが(といっても比較の話で、これはこれで十分に見事に京都の空気を表現しています)、その分、千重子と苗子の心の葛藤は、非常に巧みに描かれています。  千重子は心の底から苗子を幸せにしてあげたいと思って京都随一の高級料亭に連れて行き、一番上等な着物を試着させて、それが苗子にどんな重圧を与えているかにはまったく気づかない。  でもそれは、千重子に何か悪意や欠点があるからでは決してない、運命が切り裂いてしまった溝というのは、優しさや思いやりや善意によってはもはや超えられないものなのだ、ということに、苗子が徐々に気づき始める。  そういう心の動きを、上戸彩さんは見事に演じておられます。  夏八木勲さんのガンコオヤジ役も、見事にハマってますね。小栗旬くんの恋人役、渡辺篤郎さんの千重子に憧れる織物職人役も、ぴったりです。キャスティングのうまさはほぼ完璧だと思います。  ただ上戸彩さんは、すばらしい力演だとは思いますが、ちょっと幼い印象がありすぎるかな。千重子は千重子、苗子は苗子、それぞれに、引き裂かれるような苦悩を体験して来た痕跡というものの描かれ方が、ちょっと弱い気がしました。  欠点、というほど悪い点ではないですけど。  今でも十分に見る価値のある作品だと思います。

  • akiee

    4.0

    川端康成の「古都」~双子の上戸彩~

    ノーベル文化賞作家・川端康成の代表作「古都」を 上戸彩が双子の姉妹を一人二役で演じてTVドラマ化 したものです。2005年製作。 舞台は昭和30年代の京都、運命に翻弄される双子の 姉妹の心模様と家族愛がよく描かれています。 昭和30年代にしては、まだまだ貧富の差や階級の差が 残っている様子は、京都と言う場所柄なのでしょうか。 原作が原作なので、ストーリーはとても良いですね。 川端康成の小説のドラマ化と言えば、 「伊豆の踊り子」や「雪国」が知られていますが、 この「古都」は情緒があり、とても穏やかできれいで、 私は一番好きです。 あなたは、千重子と苗子、どちらの人生が幸せだと 思いますか?私は元々自然の杉なので苗子派だけど、 無いものねだりという意味で、千重子に憧れるのかな。

  • kun********

    3.0

    ネタバレ京都に行きたくなりますね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • orc********

    4.0

    ネタバレ京都の雰囲気がよく出ていた

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ドラマスペシャル 古都

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル