ここから本文です

ALWAYS 三丁目の夕日 (2005)

監督
山崎貴
  • みたいムービー 6,662
  • みたログ 1.8万

4.16 / 評価:4682件

恥ずかしいくらいの王道映画。でも良い。

  • アイアンハート さん
  • 2020年10月27日 3時11分
  • 閲覧数 511
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

4.16点/4,620人/133分/2005年  

みんな大好き古き良き時代が舞台の理想的な部分のみの王道まっしぐらのファンタジーなので見ていて気恥ずかしくなるのが多少の難点。

展開が王道なうえに理想的に進みすぎるので気恥ずかしいし、
お守りのお札は雨や洗濯でダメになるじゃんとか、
子供の作品盗作に開き直る大人に共感できないでしょとか、
盗作開き直り大人に憧れる子供はだめでしょとか、
電車に遅れそうなのに手紙のひと悶着あっても間に合うとか、
電車と並走する三輪車とか、しかも会話もできるとか・・・
東京タワー全然登場人物と絡んでこないじゃんとか、
本当の父親が返せって言ってるのに連れ帰ったらダメじゃんとか、
突っ込みだしたらきりがないが、基本コメディーなのでその辺は気にせずに見るのが正解でしょう。個人的にはもっとコメディーに振ってた方が良かったかな。

当時、小雪さん29才、吉岡さん35才はまあ見た目通り、堤さんも41才と結構お年だが見た目が若見えで違和感ないが、嫁役の薬師丸さんは実際は堤さんと同い年なんだが、見た目的にも実際の41才に見えてしまうので個人的には結構な姉さん女房に見えて違和感があった。

登場人物それぞれのエピソードがあるので時間が長くなってるので、気軽に見返す時にはチョットだるいが、箇条書きのように出来事がある割には全体としてうまくまとまってると思う。

色々気になるマイナスポイント書いたが、帰ってきた子供が吉岡さんに何度突き返されても泣き顔で食い下がるあの演技だけで★5つけてもいいと思えるほど、本作のクライマックスだと思う。
この場面があるので、多少の突っ込み要素なんてどうでも良くなってしまった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ