ここから本文です

ALWAYS 三丁目の夕日 (2005)

監督
山崎貴
  • みたいムービー 6,662
  • みたログ 1.8万

4.16 / 評価:4681件

もはや戦後ではない

  • たーちゃん さん
  • 2021年2月25日 9時11分
  • 閲覧数 175
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

昭和30年代のまだ戦争の記憶も生々しい、これから日本が変わろうとする時代。とても好きです。僕も昭和30年代生まれなのですが、当然その頃の記憶は薄く自分の父母の生活がこんなのだったろうなという感じです。
便利なものは何もなかったけれど、人が気取っていなくて本音で生きているような時代だと思います。パソコンもウォシュレットもエアコンもなくて、テレビや冷蔵庫が来ただけで大騒ぎになる時代。いい時代です。今何を買ったって、隣近所で評判になることなんてないでしょう。人が人としてきちんと生きていた時代だと思うのです。

ストーリー的には突っ込みどころは満載です。
でもいいんです。ノスタルジックさがあれば。
俳優の演技も演技過多な堤真一さん。東北訛りが不自然な堀北真希さん。などこちらも突っ込みどころ満載です。
でもいいんです。三浦友和さん、小雪さんの演技が抜群にいいです。
三浦さんの先生が家族との思いでを夢で見て冷めるシーン。泣けました。
子どもの楽しみ。駄菓子屋に巨人に狭い所をわざと通る冒険的な遊び。
とても良いです。みんな巨人の帽子をかぶってました。昔、こどもたちは外で遊んでました。今、外で遊んでいる子どもを滅多に見なくなりました。
何かというと注射をする医者。
今は滅多な事がないと注射はしなくなりました。

大きなストーリーより、こういう細かいエピソードにとても良いものがありました。

映画の良いところは、夢を現実に見られるエンターティメントが大切なんだと改めて感じさせてくれる作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ