レビュー一覧に戻る
いらっしゃいませ、患者さま。
2005年6月4日公開

いらっしゃいませ、患者さま。

1062005年6月4日公開

toy********

4.0

男の妄想病院

ストリップ劇場の司会者が銃で撃たれ病院搬送されるところから始まり、普段の診察での会話や態度で、結構ネタ満載で非常に掴みは良い。 他のレビューにもあるように、キャバ嬢指名制のような看護婦や看護婦へのチップ、バリウムの口移しや同伴CTなど、絶対に今の病院ではありえないサービス満載で実に笑える。男の妄想である。 それとは別にふつうに病院でも、看護婦の手編みのマフラーなど、有償サービス化されない、真心サービスもある。 そう考えると、女の妄想にはイケメン医者しか打ち手がないのは少し寂しい。 たしかに最近の看護婦は可愛い人が増えてきた。ナースステーションを覗くのが楽しみでもある。そういう可愛い人から、そういうサービスがあると・・・。 有料会員制の病院ができたら現実になるのかもしれない。 たしかにタイトルの「いらっしゃいませ、患者さま」という態度で患者をみる医者は少ない。社会風刺映画として、役者が実力者揃いだったので、見てて飽きない。

閲覧数759