2005年10月29日公開

ヴェニスの商人

THE MERCHANT OF VENICE/Il MERCANTE DI VENEZIA

1302005年10月29日公開
ヴェニスの商人
3.6

/ 176

22%
34%
29%
11%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1596年のヴェニスでキリスト教徒にさげすまれながら金貸し業を営んでいたユダヤ人のシャイロック(アル・パチーノ)は、ある日宿敵の貿易商アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)に借金を申し込まれる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(97件)

知的20.1%切ない16.7%悲しい12.0%ゴージャス10.5%絶望的10.0%

  • kak********

    4.0

    高利貸しシャイロックの担保は1ポンドの肉

    シェイクスピアの喜劇・戯曲である「ヴェニスの商人」を原作に、「イル・ポスティーノ」で高い評価を受けたマイケル・ラドフォード監督が脚本も兼ねた作品。題名は有名だが、ヴェニスの商人は意外な人物だった。 物語は、16世紀のヴェニスを舞台に、当時迫害を受けてゲットーという鋳造所を意味する区画に隔離され、昼間そこを出る場合は赤い帽子を被ることが義務づけられた”ユダヤ人”の高利貸しシャイロックを中心に展開される。 今なお続くアメリカの人種差別も根深いが、ヨーロッパでもヒットラー以前にユダヤ人迫害があったことに少なからず驚かされた。ベニスの商人とは、そのユダヤ人高利貸しを指すのだと思っていたが実は”貿易商”の事だと知った。 主演は、「ゴッドファーザー」シリーズのマイケル役で知られる名優アル・パチーノ。共演は、「戦慄の絆」で有名だが、フランスの歌手パトリシア・カースと共演した「男と女 アナザー・ストーリー」が印象に残るジェレミー・アイアンズ。 高利貸しが担保に取ったのが「1ポンドの肉」だったため、裁判沙汰まで起こり先の読みにくい進行になる。思うに、シェイクスピアは少し意地悪な想定が好きと見えて、有名な「ロミオとジュリエット」も悲恋とされているが、意地悪な想定を楽しむ喜劇的要素も含まれている。 意地悪な想定と言えば、結婚指輪にまつわるエピソードもコミカルで笑ってしまう。「恋におちたシェイクスピア」のジョセフ・ファインズと、「ジョン・カーター」のリン・コリンズの名演技?で盛り上げてくれる。 まるで舞台劇のような演出は、シェイクスピアの原作を尊重した結果かも知れないが、映画なのだから少しひねっても良い気がした。結局、ユダヤ人迫害が昔からあった事が印象に残ったという想定外の結果に終わった。

  • aki********

    4.0

    資本家の苦労と楽と思う人々と

    楽をしても苦労、苦労、 苦労しても苦労、苦労 御前呼ばわりされ、 先を行く若者に目の敵にされる。 それでも為し遂げたい夢を応援するため、 お互い協力しあい、知恵と汗と涙を出し合い 全身全霊で真剣に物事に取り組む。 その先には、先人達への感謝が溢れてやまない。 頑張ろう日本、頑張ろうイタリア。

  • 1979tomo824

    4.0

    水の都ヴェニスの舞台での法的恋愛術

    水の都ヴェニスにはウイリアムシェイクスピアが作り上げた法的芸術の物語が存在する。 若い二人を結びつけるには法的解釈を曲げても成り立たせる。 当時のロミオとジュリエットの批判は物凄かったのだろう。 シェイクスピアが書き換えたハッピーエンドには、物事を成し遂げる為に立ち向かった若者達の情熱が溢れている。 流れる様な裁判はヴェニスの都の川の様だ!

  • g18********

    3.0

    ネタバレ笑えないヴェニスの商人

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • war********

    4.0

    原作読まずして映画にトライ

    ベニスの商人を図書館で借りるも、登場人物の名前を覚えるのも一苦労。 普通の小説と違い、舞台セリフで進むため、原作は途中でギブアップしました。 しかしながら、映画でトライ。 非常に面白いですね。シェークスピア。 中立の立場から、キリスト教徒ユダヤ教徒の視点を 描いております。 原作の映画化って結構批判出るのですが、 皆様の評価も高く、シェークスピアファンの意見も聞きたいところ。 これから、時間見つけて原作にチャレンジします。 盲目にならないように。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ヴェニスの商人

原題
THE MERCHANT OF VENICE/Il MERCANTE DI VENEZIA

上映時間

製作国
アメリカ/イタリア/ルクセンブルク/イギリス

製作年度

公開日