2005年10月29日公開

ヴェニスの商人

THE MERCHANT OF VENICE/Il MERCANTE DI VENEZIA

1302005年10月29日公開
ヴェニスの商人
3.6

/ 176

22%
34%
29%
11%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(97件)


  • kak********

    4.0

    高利貸しシャイロックの担保は1ポンドの肉

    シェイクスピアの喜劇・戯曲である「ヴェニスの商人」を原作に、「イル・ポスティーノ」で高い評価を受けたマイケル・ラドフォード監督が脚本も兼ねた作品。題名は有名だが、ヴェニスの商人は意外な人物だった。 物語は、16世紀のヴェニスを舞台に、当時迫害を受けてゲットーという鋳造所を意味する区画に隔離され、昼間そこを出る場合は赤い帽子を被ることが義務づけられた”ユダヤ人”の高利貸しシャイロックを中心に展開される。 今なお続くアメリカの人種差別も根深いが、ヨーロッパでもヒットラー以前にユダヤ人迫害があったことに少なからず驚かされた。ベニスの商人とは、そのユダヤ人高利貸しを指すのだと思っていたが実は”貿易商”の事だと知った。 主演は、「ゴッドファーザー」シリーズのマイケル役で知られる名優アル・パチーノ。共演は、「戦慄の絆」で有名だが、フランスの歌手パトリシア・カースと共演した「男と女 アナザー・ストーリー」が印象に残るジェレミー・アイアンズ。 高利貸しが担保に取ったのが「1ポンドの肉」だったため、裁判沙汰まで起こり先の読みにくい進行になる。思うに、シェイクスピアは少し意地悪な想定が好きと見えて、有名な「ロミオとジュリエット」も悲恋とされているが、意地悪な想定を楽しむ喜劇的要素も含まれている。 意地悪な想定と言えば、結婚指輪にまつわるエピソードもコミカルで笑ってしまう。「恋におちたシェイクスピア」のジョセフ・ファインズと、「ジョン・カーター」のリン・コリンズの名演技?で盛り上げてくれる。 まるで舞台劇のような演出は、シェイクスピアの原作を尊重した結果かも知れないが、映画なのだから少しひねっても良い気がした。結局、ユダヤ人迫害が昔からあった事が印象に残ったという想定外の結果に終わった。

  • aki********

    4.0

    資本家の苦労と楽と思う人々と

    楽をしても苦労、苦労、 苦労しても苦労、苦労 御前呼ばわりされ、 先を行く若者に目の敵にされる。 それでも為し遂げたい夢を応援するため、 お互い協力しあい、知恵と汗と涙を出し合い 全身全霊で真剣に物事に取り組む。 その先には、先人達への感謝が溢れてやまない。 頑張ろう日本、頑張ろうイタリア。

  • 1979tomo824

    4.0

    水の都ヴェニスの舞台での法的恋愛術

    水の都ヴェニスにはウイリアムシェイクスピアが作り上げた法的芸術の物語が存在する。 若い二人を結びつけるには法的解釈を曲げても成り立たせる。 当時のロミオとジュリエットの批判は物凄かったのだろう。 シェイクスピアが書き換えたハッピーエンドには、物事を成し遂げる為に立ち向かった若者達の情熱が溢れている。 流れる様な裁判はヴェニスの都の川の様だ!

  • g18********

    3.0

    ネタバレ笑えないヴェニスの商人

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • war********

    4.0

    原作読まずして映画にトライ

    ベニスの商人を図書館で借りるも、登場人物の名前を覚えるのも一苦労。 普通の小説と違い、舞台セリフで進むため、原作は途中でギブアップしました。 しかしながら、映画でトライ。 非常に面白いですね。シェークスピア。 中立の立場から、キリスト教徒ユダヤ教徒の視点を 描いております。 原作の映画化って結構批判出るのですが、 皆様の評価も高く、シェークスピアファンの意見も聞きたいところ。 これから、時間見つけて原作にチャレンジします。 盲目にならないように。

  • mkp********

    4.0

    シェイスクピア初心者でもおもしろい

    名作らしくかしこまって幾分教養的なところもあるのだが、クオリティは高く、あらすじ・画像の美しさ・中世の雰囲、シェイクスピア初心者でもその世界を十分に楽しめる。序盤は、後半につながる中世のユダヤ人差別の社会的背景が描かれる。そして中盤以降の裁判のシーンから、一気に緊迫感が高まり、そのまま最後まで目がはなせない。物語の中核となる裁判のシーンでは、宗教・正義・法・差別といった、普遍的なテーマが扱われ、またそれが生死を賭けた鬼気迫るぎりぎりのラインで議論されているので、非常におもしろい。時に含蓄を含み、詭弁を含み、シェイクスピア戯曲の言葉の応酬にひきこまれる。演出は現代の感覚で古臭さがなく観やすい。シェイクスピアの世界の一端に触れる映画だ。

  • tom

    5.0

    ユダヤの民よ、正義ではなく、和解を!

    原作の『ヴェニスの商人』を読んだのは、中学生の時。 当時は、ユダヤ人シャイロックへのあまりに残酷な仕打ちに憤り、 この作品の真価を理解できなかった。 大人になり、こうして映画で見返してみて、ようやく納得。 「差別」は「差別」として厳然として在った。 そのうえで、キリスト教徒たちには彼らなりの正義があったし、 ユダヤ人にはユダヤ人なりの正義があった。 シェイクスピアは、喜劇に見せかけて、 観客であるキリスト教徒の側を喜ばせるような結末を用意したけれども、 実は、どちらにくみしたわけでもなく、案外、中立であり、 シャイロックの抱いた苦しみ、ユダヤ人の苦しみも理解していた、と。 もちろん、それはこの映画が現代に描かれたものだからこそ、 中立的に見えるのかもしれないけれど。 シャイロックは、憎しみに突き動かされ、殺人に走った。 それは、やはり罰せられねばなるまい。 けれど、シャイロックの言い分は、しかし、存外にまっとうであり、 その苦しみは同情に値すると感じることのできる台詞の数々。 シェイクスピアは案外、この喜劇を観て、ただ阿呆みたいに喜ぶキリスト教徒を、 陰で嘲笑う気持ちがあったのではないか。 3つの箱から、1つの正しい箱を選ぶエピソードを想うにつけ、 我々は、この喜劇を、単におもてっ面どおりの喜劇と観るのではなく、 その本質を観なければならないのではないか。 この喜劇の本質に潜む皮肉に気づかない阿呆なキリスト教徒どもを、 シェイクスピアが小バカにしているという意味での、実は喜劇なのではないか。 そう思う。 名優ぞろい。 アル・パチーノという存在に、甚だしく感謝したい。 中学生の頃、不快としか思わなかったこの作品の、 真の魅力に気づかせてくれたことを。

  • shoko

    4.0

    シャイロックの悲哀

    「ヴェニスの商人」、小さい時に子供向きバージョンで読んだのがはじめで、あらすじは知っていたし、シェイクスピアの「喜劇」としてインプットされていたけど、現代の感覚でみてみると、あぁ、これは喜劇じゃないですね。 当時の芝居小屋に見に来ていた人たちには、ワルモノがさばかれてスッキリしたり、ポーシャの機転やイタズラにお腹をかかえて笑うような秀逸なコメディだったろうけれど、ユダヤ人差別や迫害の悲惨な歴史を知っている今の私たちはシャイロックの悲哀を感じ、あわれな気持ちにならずにはいられません。 それだけシェイクスピアの筆に深みがあった、ということなのでまずはシェイクスピア、さすが。そして今回の映画化でシャイロックを演じたアル・パチーノに拍手。 死刑を免除される代わりにキリスト教に改宗させられるシャイロック、でもアイデンティティの喪失は死に値するしうち、、ひどすぎる、と思うのは現代の感覚だけど、幾度となく求められたMercy - 慈悲の心を示すことができなかったシャイロックの非でもある。 人として生きるとは、と考えさせられる深みのあるお芝居です。 ちょうど前日やはりヴェニスが舞台の2005年製作「カサノバ」を見たばかり。こちらは時代設定が18世紀の、軽いラブコメなので比べる方が無理かもしれないけれど、偶然こちらにもジェレミー・アイアンズが出演していたし、同じヴェニスの出来事なのに、これほどまでに 違うものかと、、。 この「ヴェニスの商人」の質の高さははじめの数分で明白です。 シェイクスピアに興味のある方にぜひ見て欲しい映画です。

  • hay********

    4.0

    ネタバレユダヤの視点から

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sei********

    4.0

    悲劇のシャイロック

     中学生の頃、国語の授業で「ベニスの商人」をテキストにリアリズムについて学んだ。シェイクスピアは16世紀末に大活躍した流行劇作家であり、人間観察や心理描写に卓越した才能を発揮していて、彼が執筆した台詞がそのまま英語の格言や日常の言い回しに使われる。  授業では特に悪役であるユダヤ商人シャイロックの台詞について注目した。まるでユダヤ人の気持ちを代弁しているかのような台詞だった。しかし、シェイクスピアはあくまで現代でいう「人権意識」なんて確立していない16世紀の人間であり、しかもキリスト教国の保守派文化人である。「民族差別」という概念など無く、当然のようにユダヤ人を卑しい悪と認識していた人物である。なのにユダヤ人の心情を理解していなければ書けない台詞が出てくるのだ。これがシェイクスピアの観察力とリアリズムである。  実際、原作を読むと私はシャイロックに感情移入してしまう。欧米ではシャイロックの言動に怒った観客がシャイロック役の俳優を思わず撃ち殺してしまい我にかえって自殺した事件があったそうだが、そこまで憎しみと怒りをシャイロックに向ける欧米人の神経が理解できなかった。むしろ主人公の危機管理の無いだらしなさを怒るべきで、友人や恋人たちと組んで最初からシャイロックを陥れようとする魂胆ではないのか、とさえ私は思った。  やはり私は非欧米人・非キリスト教徒の視点でモノを見る人間なのか。シャイロックに怒りを感じてしまうメンタリティーはキリスト教にどっぷり漬かった欧米人の偏狭な常識や価値観からくるものなのか?  さてこの映画だが、悪役シャイロック役をアル=パチーノ氏が演じる事が決まった時点で制作者の意図は明白である。現代の国際世論であからさまな民族差別は許されない。ましてや主要な映画産業はユダヤ系の資本が支配しているのだ。原作に忠実でも気合はシャイロックに入れるのは当然の成り行きである。まさに初めて原作を読んだ時の私の視点に近い作品になる。  アル=パチーノ氏の熱演を前にすれば、もはや拳銃をシャイロックに向けて乱射する観客は現われまい。貸した金は返ってこないばかりか、罪人扱いされ、改宗まで強要される。(余談1)何もかも奪われてしまう、まさにボッタクリ・弾圧である。この言葉に表しようの無い屈辱感と無力感と悲壮感をアル=パチーノ氏は表情だけの演技でも雄弁に語っていた。そして無邪気な主人公たちの狡猾で節操の無さ。どちらが主人公か判らない。  シェイクスピアが執筆し上演された当時は間違いなくシャイロックは冷酷な悪徳商人であり、主人公たちは辛くも機転で難を逃れるばかりか悪も退治する善玉、まさにキリスト教諸国特有の勧善懲悪ものだった。  しかし現代のこの映画では、一見すると悪徳商人のように見えるシャイロックが民族差別から必死に耐えようとする悲劇の商人であり、主人公たちはイケ面で善人面だがいい加減で狡猾で無知蒙昧のおめでたい無邪気で罪な人々なのである。悪意は全く無いが、とんでもない残酷なことを喜々として行っている。つまり差別社会の不条理を雄弁に物語っているだけでなく、「善良な市民」である我々の心に巣くう加害者の側面を風刺しているともとれる映画に仕上がっているのだ。  さらに驚きなのは、原作を殆ど改編していない。シェイクスピアの洞察力が発揮された形となった。これがやはり名作と呼ばれる所以だろう。 (余談1)同じ時代、イスラム圏はオスマン=トルコの時代だが、多数のユダヤ人が殆ど迫害を受けることなく居住していた。イスラム教は偶像崇拝を禁止しているのであって、それ以外の宗教、とりわけ「親戚」であるユダヤ教は禁止していない。布教活動は認めていないが、税を払えば信仰は許容した。またユダヤ教もユダヤ人のための宗教であって、キリスト教のように広く世界に布教する性格のものではないので、両者の利害は一致していた。  同時代のヨーロッパでは魔女裁判や異端審問はまだ盛んに行われていたのに対し、イスラム圏では寛大な宗教政策を行っていた。現代とはイメージが逆と思う方も多いと思う。

  • moo********

    1.0

    ネタバレ素人にはツライ話

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shp********

    4.0

    ネタバレまさしく悲劇

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gar********

    1.0

    オペラも本当はこんな内容が多いんですよね

    なんつーかな。。キリスト教側から見た独善とでもいいますか(笑) オペラだとリカルドなんかそうですよね。キリスト教以外は悪っつうか(笑) シェークスピアって多産ですよね。で演劇方面では聖典として扱われること多い。 私は全部は網羅していませんが、以前演劇として見たもの、読んだ物なんかに限って言えば「下衆」であったり、「偏見に満ち溢れた差別のある」作品がほとんどでしたが、どうなんですかね?(笑)私が敏感すぎるのだろうか。 「当時の時代背景を鑑みれば・・」なんてかっこつけて無理やり理解しようとする必要なんかないと思うんですがねぇ・・(笑) だって今尚似たような西洋人視点の独善的映画作品なんて今私がこのレビューを書いている時点ですらどこかで撮影されている可能性が極めて高い、と思うくらい無数にありますからね(笑) 聖書と同じで内容を問う事自体ナンセンスだという風潮もありますよね。「左の頬を打たれたら~」なんて寛容であれなんて暴力を否定する言葉とは裏腹に黙示録によればハルマゲドンでは「馬に乗った王国からの軍が~」なんて有って「なんだよ、結局最後は暴力かよ(汗)」なんて矛盾だらけ(笑) でもそれを問う事自体が無粋で下衆な訳ですよ(笑)よくわからんですが(笑) しかしなんでまた現代にこんなの作品にしたんだろう、まぁ~イギリスはプライドばかり高くて中身スッカスカの映画作品多いからそこで納得しとこうかな(笑) アル・パチーノもシェークスピアに傾倒していた時期も有ったし、是非演じてみたかったんだろうが・・・なんかなぁ・・・(笑) 劇中にも「邪悪な思想も美しい言葉で飾れば~」なんて台詞が出てきますがこの作品まさにそうじゃないの?(笑)間違ってたらごめんね、シェークスピアさん(笑)

  • ass********

    5.0

    宗教の皮肉と単細胞ラブロマンスのバランス

    シャイロックとキリスト教徒の関係がビンラディンとアメリカ人に似ているように思いました。。 シャイロックが改宗を誓わされ、キリスト教徒たちは手放しにハッピーエンドに浮かれ恋の駆け引きゲームを楽しんでる。 シャイロックの娘はそんなキリスト教徒たちを複雑な表情を浮かべ静観し、ラストシーンで父親とユダヤ人に対しての複雑な表情が印象的でした。 シャイロックの娘はビンラディン殺害後のアメリカ在住のイスラム教徒の気持ちと同じではないだろうか? どっちが悪人でどっちが善人とかのレベルではない。シャイロックはおぞましい悪人ではあるが、そうさせたのは唾をはきかけたキリスト教徒だから。。 原作を読んだことはありませんが、平等な裁判といいつつ多数派キリスト教徒の自己中な横暴を暗にとユダヤ人の非情な金貸しをあからさまに両者を批判し、少数派のユダヤ人に悲哀を感じさせるところにこの作品の深さを感じました。 きっと当時の人も単純な善悪分けたわかりやすいスッキリストーリーと感じたバカなキリスト教徒と社会の矛盾を感じた人がいたと思う。そんな複雑な内容の作品だと感じたはずだ! 重い皮肉なテーマとバカげた愛の語りをするラブロマンスのバランスがなんともいえない絶妙な加減でマッチしていました。 ちなみに映画のシャイロックはアルパチーノの素晴らしい演技でした!ひげずらなのでデ・ニーロに見えましたが・・

  • kih********

    5.0

    ヴェニスからシェークスピアの世界に

    遅れ馳せながら、シェークスピアの世界にお邪魔する。その初めての訪問が当時の交易都市『ヴェニス』。会わされたのがそこの『商人』と裁判官。 シェークスピア入門としてふさわしかったかどうかは分からない。ガイドブックのない旅だから無駄も多かろう。スリル満点。 ヴェニスの水路やリュートのルネッサンス音楽で、さっとこの時代、この世界に入れる。これが映画だ。若い頃何度かシークスピアの翻訳ものに“挑戦”はしたものの、何のことだか分からなかった。自分は文学音痴だと思って、以後この世界は敬遠していた。この齢になって、映画というテがあることを知って、これはいい、これはありがたい、と喜んでいる。 これは一体喜劇か悲劇かというと、喜劇です、と断言される。自分の中にある喜劇のイメージは根っこからひっくり返される。筋書き(構成)の上での戯れということだろうか。 ユダヤの金貸しとヴェニスの商人の関わりと、幻の国の王妃を巡る男と女の関わり、この二つの関わりを巧みに一つのストーリーに構成してある。法廷では勝ったつもりが土壇場で負けてしまう。指輪の一件ではうまく謀ったつもりがうまく行き過ぎて自分でばらすことになる。なるほど。 一ポンドの肉と一滴の血や、亭主を決める三つの箱など、子どものお伽噺かというような話を大真面目にやる。これは、もとが舞台劇だからできた話だろう。映画になると「幕」とか「場」などの切れ目なく連続して、カメラのアングルやズームによってやたらリアルに写し撮られるので、これは難しい。いくらでも突っ込みどころが出て来る。でも、それは作る側も観る側も了解事項だろう。 本当の味わいは、原典を原語で読むことで、あるいはイングランドの劇場で観ることでしか分からないのではないか。しかし、ありがたいことに、日本語字幕の入った映画がある。本物の味の半分であったとしても、食わぬテはない。 シェークスピアの映画がどれくらいあるか、今から調べて、この世界を探索したい。半分の味わいでも、知ると知らぬでは天と地ほどの違いがある。知らぬは損だ。 (そう、この作品の場合、ルネッサンス音楽が出て来る。リュートとリコーダーとビオラ。原典では「音楽の調べ」などと書いてあるのかもしれない。映画ではこれを実際に見せて聴かせてくれるのだから、これはいい。これだけでも随分いい思いをした。)

  • all********

    2.0

    名作?期待はずれ!なんで?なんでやねん?

    シェークスピアの原作は読んでいないので映画を観ただけのレビューです。 この作品は喜劇?悲劇?よくわかりませんでした! ツッコミどころ満載で!なんでやねん?の連続でした! ・嫌っていたユダヤの金貸しから、お金を借りておいて! ・相手の条件を安易に承知して契約書にサインしておいて! ・お金を貸してもらって助けてもらったのに・・・ ・金持ち女を口説く為にアントーニオに頼んだバッサーニオが愚か! ・そんな奴の為に担保を差し出したアントーニオも愚か! ・友情と言う言葉を使うには、次元が低すぎ! ・法学博士が何故?ポーシャになってたのか?なれたのか?? ・愛するポーシャの変装が何故?見抜けなかったのか? ・声や容姿で女ってバレバレ! ・判決理由はまるっきり子供騙しの幼稚なとんち!  (肉は採ってもよいが、殺人罪に問われるのかと思ってましたが・・・) ・肉の代わりにお金で返済はどうか?と聞いておきながら後でそれもダメ? ・財産没収や改宗を迫ったが、そんなバカな法律があったのか? ・法律は守らねばならない!でも法学博士の判断は法律?? ・1ポンド未満で納得するかは、債務者の判断に委ねられる! ・シャイロックは開き直って、それなら1ポンドの肉を採るって言って  交換条件にお金で返済させれば良かったのに・・・ ・箱を選ぶ場面があったが、子供騙しのような理由? ・指輪を取り上げたが、愛する人を騙して誓いを試すのは、最低! ・そんなことされていながらもポーシャを愛せるバッサーニオに疑問?? ・慈悲と言うならば、普段からユダヤ人や奴隷にも慈悲を! ユダヤ人を差別して宗教を認めず唾をはきかけた奴が なんで最後に幸せになるの? これってハッピーエンドのつもり? ポーシャとバッサーニオは愚かな面で、ある意味お似合いでした! キリスト教って、異宗教迫害や差別に対しては容認してるの?? キリスト教徒の行いはヒトラーとたいして変りない行為なのでは? 何故?この作品が名作なのか?疑問でした! 無宗教のボクにはしょせん理解不能なのでしょうか? (おまえには解らんのじゃ!って言われてそうですが・・・) ツッコミを入れてイイ作品と、ツッコミはヤボな作品があると思いますが 名作で、わりとシリアスだったので、ついつい・・・・・ 喜劇として観るにはゼンゼン面白くなく! 悲劇として観るにはシリアスじゃなくて、幼稚すぎ! アルパチーノの名演技で★1つおまけしましたが・・・・・

  • syu********

    5.0

    ウィリアム・シェイクスピア原作

    古典文学の嗜みに 他に 1971.「マクベス」   ジョン・フィンチ主演 1995.「リチャード三世」イアン・マッケラン主演 1996.「ハムレット」  ケネス・ブラナー主演

  • リバタリア

    2.0

    違和感あり… ただの弱いものいじめ?

    最初に言っておくと、自分は原作を読んではいない シェイクスピアだからまぁいい物なんだろうくらいの認識で見たのだが… 当時のシェイクスピアをとりまく環境がどんなものだったかは知らないが キリスト教=正義でユダヤ教=悪、のような一方的な立場からの勧善懲悪な話に違和感があった キリスト教徒の立場からすれば歴史に残る名作なのかもしれないが、宗教観の薄い、いち日本人からすると 共感できる部分があまりなかった… 簡単に言うとシャイロックってそんなに悪いことしてねーんじゃねーか? ってのが素直な感覚かな 内容はともかくアルパチーノの演技(存在感)、演出、映像、音楽等は素晴らしかった!!!

  • ilo********

    5.0

    ネタバレ主人公は『極悪人』か?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fdf********

    1.0

    アメリカの影が見えて悪寒が

    とにかく長い。原作を詩的な台詞とイタリア情緒で水増ししただけという印象。個人的にはシャイロックにしか感情移入できず、主人公グループが人でなしに見えてしょうがない。あまりにも可愛そうじゃないか? 改宗まで迫るに至っては、そのアメリカ合衆国まがいの高飛車な姿勢に怒りさえ覚える。宗教対立が叫ばれるこんにち、むしろシャイロックを主人公に、この16世紀の物語を換骨奪胎するぐらいの工夫はあってしかるべきだろう。無神経だと思う。

1 ページ/5 ページ中