ここから本文です

ヴェニスの商人 (2004)

THE MERCHANT OF VENICE/Il MERCANTE DI VENEZIA

監督
マイケル・ラドフォード
  • みたいムービー 146
  • みたログ 799

3.58 / 評価:174件

観終わったあとの切なさよ・・・

  • まいぞう さん
  • 2007年5月23日 0時42分
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画、アル・パチーノ演じるユダヤ人高利貸しシャイロックに感情移入してしまう作りになっているのです。
だから最後、シャイロックのあまりの可哀相さに、しばし呆然。
でも、こういうお話なんだもんね・・・。
人肉裁判の後、人種差別される側の憤りと哀しみがずっと残ってしまいました。
その為、その後のエピソードが薄っぺらに感じられてしまったほど。
バッサーニオが幸せになって、「もとはといえばアンタがお金つかっちゃったからいけないんでしょ!?」と突っ込みたい気持ち・・・。
シャイロックに肩入れしたとしても、もう少し良い後味の演出バランスが無かったのかな。

恋する娘が逃げ出す気持ちも分かるんですけどね・・・。
最後の最後、娘が指輪を触って父を想うシーンがあります。
これはオリジナルで付け足されたシーンだそうですが、その想いは父に届くことは無い・・・うう、いっそう切ないです・・・。

とはいえ、ヴェニスの建物とか美術とか、映像は本当に綺麗でした。
音楽がまた良くて、宴会や訪問の時、後ろに楽隊がいるんです。
リュートや太鼓や歌、当時はこうやって生演奏させていたんだ、と思うと本当に面白かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ