ここから本文です

ヴェニスの商人 (2004)

THE MERCHANT OF VENICE/Il MERCANTE DI VENEZIA

監督
マイケル・ラドフォード
  • みたいムービー 146
  • みたログ 799

3.58 / 評価:174件

悪役にされてしまう哀れなシャイロック

  • NAO さん
  • 2007年7月26日 2時19分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

重厚な演技と衣装とかがすごく魅力的でしたね。
シェイクスピアなので、仰々しいのは仰々しいんですけど、舞台じゃなくて、映画っていう変換がすごくうまくなされていて、シーンが変わったり、あとは舞台背景の文化的なところがうまく描かれていて、しっかりした中にも分かりやすい感じでした。
アルパチーノもこういうのやるんだなぁって感じですね。
イタリア合作のヴェニスの商人に出るなんて、すごいですよね。
最後の有名ないわゆる人肉裁判の所のシーン、すごくハラハラ感があってよかったです。
でも、差別されて、貸したお金も返してもらえない、シャイロックがちょっと哀れな感じがしてしまうのは私だけでしょうか。。。結局踏み倒されるようなもんですからね。
ユダヤ人の迫害の話だとは、実は私はこれ見るまで知らなかったです。
いつの時代も彼らは迫害の歴史なんですねぇ。。。勉強になりました。。(苦笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ