ここから本文です

山猫は眠らない3 決別の照準 (2004)

SNIPER 3

監督
P・J・ピース
  • みたいムービー 6
  • みたログ 295

2.60 / 評価:113件

(*_*;山猫は眠らない3~で悩んだ

  • toy******** さん
  • 2008年9月11日 17時22分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

トム・ベレンジャー演じる孤高の凄腕スナイパーのトーマス・べケットの活躍を描く。

ストーリーは、 アメリカ海兵隊の狙撃手・ベケット(トム・ベレンジャー)は、過去の任務で右手に致命的な傷を負った。彼にベトナムの時代の戦友であり、恩人のフィネガン(ジョン・ドーマン)を「抹殺せよ」との命令が下り…

タイトルの「山猫は眠らない3 決別の標準」から、連想されるものは、夜も眠れない、誰かとの決別を意味するが‥

ベトナム戦争をモチーフにしているが、ベトナム戦争で、アメリカ政府の裏切りにあい“人間を英雄から狂人へと変貌させる”作品では!?シルベ・スタ・スタローン主演の映画【ランボー】には、遠く及ばない。(^_-)-☆

また、一撃で任務遂行をする完璧な仕事人のスパイナーのトーマス・ベケットが、いくら緊迫しているとは言え、スナイパーを職業としている人間が、初めてミスを犯し苦悩する事はありえない!?

ベテランで常に現役なスナイパーが、ベトナム戦争という過去を持ち、仲間として戦った
ものを撃たなければならない心情は理解できるが……

スナイパーの“使命=ミッション”は、命令には忠実であって、感情を越えた“冷徹さ”を持ち合わせていなくては、敵から逆に狙撃される危険が付きまとう。絶えず冷静沈着で自らの身をかくし、狙撃のチャンスをじっと待つ緊張感にこそある。(^_-)

何時どこから撃たれるか分からない緊張感に、神経を擦り切らせる。残念ながら、この映画にその緊張感はなかった。その意味でこの映画は狙撃兵ものではなかった。(-_-;)

リアルな銃撃戦は、迫力があり、アクションシーンも良かっただけに、誰を憎むのか!?明確なコンセプトがほしかった。(^^♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ