ここから本文です

サマータイムマシン・ブルース (2005)

監督
本広克行
  • みたいムービー 542
  • みたログ 3,978

4.15 / 評価:1,465件

「カメ止め」に繋がる

  • eptmeptm さん
  • 2019年1月5日 10時54分
  • 閲覧数 1746
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

久々鑑賞。タイムマシーンがどうのこうのというよりは「時間」をもてあました大学生たちが「時間」とのんびり遊んだ映画。登場人物の危機感の薄さが映画的な非日常感を連れてきてくれて心地よい。

若いころから特に意識の高くない人は(自分もそうだ)、昔を振り返って、ちゃんと勉強しておけば良かったとか、何かしておけば良かったとか、何年後かによく冗談交じりの後悔の言葉を口にするが、でも、今、時間を遡れたとしても結局は同じように、だらだら過ごしてしまうんだろうな、と思う(もちろん自分も)。

馬鹿なことをみんなでわいわいやることがなぜか幸せだった。そんな、特に輝きも野心もない普通の奴らの普通の夏に起きた2日間の奇跡。そのあまりにもくだらないドタバタが、なぜかとても愛おしく見えるのは、自分が歳をとったからかな、と思ったりもする。

すべては、自分も暇を持て余した「時の神様」のいたずらだったのかもしれないし、あまりに時間がありすぎる大学生たちの一瞬の夢だったのかもしれない。でももうそのいたずらも夢もきっともう体験できないであろう自分がなんか切ない。

冒頭の出来事をあとからネタ晴らししていく脚本構成は見事で「カメラを止めるな!」の原点の一つであることは確かだと思う。

しかし、瑛太、上野樹里、変わらないなー。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ