2005年8月6日公開

コーチ・カーター

COACH CARTER

1362005年8月6日公開
コーチ・カーター
4.1

/ 532

40%
40%
14%
3%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(151件)


  • lif********

    4.0

    希望を持つことが怖い

    ベタですが、ずっと好きな映画。 アシャンティ(だっけ?)の“Hopeful”は良く聞いたな。ピットブルのラップがほとんどだけど、ぜひ聞いて欲しい。 この環境で、全力で努力して、楽しみを犠牲にして頑張って、それでも状況が変わらなかったら、絶望するもんね…。それなら周囲と同じ、無難な生き方を選んでしまう。 「この生き方じゃだめだ」と思い直す事件が悲しい。急に年相応の、途方に暮れた表情の少年になる。とにかく体育館でのモノローグが真摯で胸を打つ。 まぁサミュエルLジャクソンはいつも通り、誰よりもクール。

  • じぇい

    4.0

    王道

    大体展開が予想できるけど、それでも感動できた。 バスケで勝つのが最終目標ではないという所に、この映画の良さがあると思います。 個々の人物像は必要最低限触れる程度なので、あっさり味になってて気軽に見れます。

  • mooney

    3.0

    ネタバレ昔は面白いと思ったんやけどな

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tyo********

    2.0

    ネタバレ実話?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ter********

    4.0

    漫画でもよくあるテンプレの内容ばっかだなと

    高校の弱小バスケ部を強くしていく物語ですけど、この映画は実話なんですね。最後を見るまで知りませんでした。 アメリカでのスポーツの話なので科学的な練習をするのかと思ったら、何かあるとすぐ腕立て伏せやダッシュを命令して、マンガにもよくあるテンプレの内容ばっかりだなと思いました。でもまぁ楽しめました。 ただ、日本と比べて規模が大きいなぁと。元々は弱小のバスケ部なのに、ここまで地域住民を巻き込むことになるのかぁと思いました。

  • izq********

    3.0

    ネタバレ典型的熱血スポ根にシンプルに感動

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wendytiger

    4.0

    実話?

    落ちこぼれの高校バスケチームにコーチとして、就任したカーター。バスケだけではなく、部員の人生の成功を導いた。 ONE!TWO!THREE!リッチモンド!!

  • toy********

    5.0

    ネタバレ全て良い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ko_********

    4.0

    ネタバレ弱小バスケ部が

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shp********

    3.0

    ネタバレアメリカ版スクールウォーズ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • シンハ

    4.0

    日本には将来を示してやれる大人が必要だ!

    最後は負けても応援団全員で大喜び。 大人が若者に目標を示してやることで将来が見えるようになって、そこに手が届きそうだと教えてやれば若者は変わり、周りの友人や家族までもが変わり始める。 現実問題として、映画のようなそのきっかけになれる大人がなかなかいない。 優秀な大人の集団であるはずの日本政府は、将来に絶望だけしか見せてくれないから、20歳から40歳までの死因の第一位が自殺という始末。 参考: 厚生労働省「死因順位別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率」 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html

  • nisan

    4.0

    スクールウォーズみたいwww

    「スクール映画の定番」かな~って思ったが、主人公は先生でなく、コーチ&OBで、その設定はそれで良かった。実話らしいが、ストーリーも受け入れやすく、R&Bの音楽もカッコよく、エンディングもGoodでした。

  • ソロビッチ

    3.0

    普通の感動作品 55点

    コーチカーター 「方程式は何で数学が文字になるんだ?そこがわからねえ」 実話だそうだが、カーターの息子がハイスクール転校してくるのがキモい。父を慕い過ぎ。バカな生徒達は笑えるが中絶したり深刻な部分もある。 バスケットはわからないがバカな生徒達が自分達でニガー言いまくりなのは驚き。 まあ普通な感動ストーリー。悪くないけどバスケットわからんから心に残らず。 バスケット好きなら、いけるかも? 55点

  • mis********

    4.0

    テーマがいい

    結果より過程を評価することや、過程を通じて内面が成長し大人になることを、大人が子ども達に心から語るためにはその大人の質が重要。困難な過程を辿っている人達を尊敬し、応援したい。

  • inachi0517

    3.0

    悪くはないが…

    悪くはないが、こんなに評価が高いとは思えない。普通。

  • pok********

    4.0

    面白く見れたが、あまりに古典的。

    物語は弱小バスケットチームに鬼コーチが来て ガンガン勝ち上がる古典的ストーリー。 実話らしい。 この設定なら、つまらなく作る方が難しいでしょ。 もちろん面白く最後まで見れた。 コーチは昭和の親父的「鬼コーチ」 でも試合だけでなく選手の将来まで考えている好感度高い人。 しかし正直、前半は強圧的すぎてドン引くほど。 よくついて行く選手こんだけ残ったな〜って感じ。 選手を思ってる気持ちは伝わってくるが 映画の主役としては「ありがち」で魅力的とはいえない。 他にいくらでも魅力爆発のコーチや教師や監督いるもんね。 オススメ映画だけど これ系の映画の中では残念ながら「普通」。 ☆5はあげられないですね。

  • bat********

    4.0

    ネタバレカーターの熱い指導に考えさせられ感動した

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • s.arata

    4.0

    自分も頑張りたい!と思わせてくれる作品

    【自分も頑張りたい!と思わせてくれる作品】 ・ドラマ[ROOKIES]を2時間に凝縮したような作品です。どこの国でも「何かにひたむきに頑張る人たちを応援したい」という気持ちは共通しているのですね。ただ、この作品には、根底に社会的テーマが詰め込まれています。主人公たちが過ごす高校では、ほぼ大学へは進学できず、犯罪を起こしたり、殺されてしまったりするような実態があり、コーチカーター(サミュエル・L・ジャクソン)は単にバスケチームを強くするのではなく、それを基軸に「しっかりした人生を子供たちに歩ませたい」という大義があったのです。故に、「バスケがしたいなら学業も平均点以上をとれ。そうしないとバスケはさせない」という誓約書を書かせたりするのです。ただ、周囲の大人たちは馬鹿げてると批判する。彼らにはバスケしかないのだから、学業なんかどうでもいい、と。それでも、それらの批判に挫けることなく自身の大義を貫き通すことで「生徒たち」も次第に変わってくる。山場で、生徒たちが彼ら自身でとった行動は感動モノです。人が死んだり、とてつもない大惨事に巻き込まれたわけではないのに、感動的に映る物語と演習はとても良いです。また、今回はバスケというスポーツを通して表現されていますが、バスケだけでなく「基本が大切」ということも改めて教えてれます。何かに頑張りたい!という気持ちになりたいときに是非鑑賞されるべき作品だと思います。

  • ポケモントレーナーみゆき

    4.0

    コーチの信念が生徒の人生を変える実話映画

    【カーターさんを通して当たり前だけど大切なことを考えさせられる感動作品☆】 ~ポケモントレーナーみゆきは、80点の経験値をもらった!~ バスケコーチのカーターさんが生徒・学校・街をも巻き込みながら、関わる人の人生を変えていく姿に熱くなります! カーターさんを演じるのは、オシャレセレブ・大のアニメ好きで知られる演技派俳優♪ サミュエル・L・ジャクソン(Samuel L Jackson)さん! その気迫あふれる演技にも注目です! チームの状況は最悪!その指導の方針に周りは猛反対! ここまでの信念をもって仕事ができるのかと自身の意識も考えさせられました☆ また、約束を守ることや、すべてに全力を注ぐことの大切さをコーチと生徒の人間関係から学べます! 僕のバスケの知識はマンガ「スラムダンク」のみであまりプレー自体はしたことはありませんが、筋肉隆々の選手たちの試合シーンも圧巻です☆ ★大好きなポケモンに例えると★ ジムリーダー カツラ 荒れ狂う炎を扱う情熱的なカツラの姿がカーターさんと重なります☆

  • bar********

    4.0

    ネタバレカーターコーチの指導

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/8 ページ中