ここから本文です

宿命 (2004)

監督
若松節朗
  • みたいムービー 25
  • みたログ 115

2.55 / 評価:31件

期待に反して…

  • яISa さん
  • 2011年1月27日 20時24分
  • 閲覧数 2038
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

東野圭吾さんの原作が次々と、ドラマ化、映画化されていますね!
「秘密」「ゲームの名は誘拐(映画では「g@me」)」「白夜行」と・・・

確かに大好きな作品ばかりなので、もちろんおもしろくないわけがない!
毎回、キャスティングを楽しみにして、見たいなぁーって思っています!!

のですが、小説であれほど盛り上がる気持ちは、なぜか映像化されると
「ん…??」となってしまうのかしら…
やっぱり、思っている小説の人物像と、キャストが合ってないと、ズレてしまうんでしょうね。

今回の作品「宿命」も、ずいぶん前に読んだ作品だったので、概要は覚えているのですが、肝心の犯人は「誰だったっけ?」という感じでしたので、
犯人は誰だ、という気持ちで映画を見てみました!
(単に小説を家中探したけど見つからなかったというのもありますが…)


東野圭吾さんの作品って結構複線がいろいろあって、最後のどんでん返しに、
心がスカっとするんですよね。

2時間程度でおさめなければいけないのは、承知ですが、
なんか殺人事件についてがあっさりしすぎな気もしますね。。。
犯人も結局…?という感じでしたし…

でも、この作品で一番の見どころ「宿命」の意味がわかるシーンは、よかったですね!
小説を思い出して、「あぁ…そうだったなぁー」と思って終わりましたが…。


2004年とわりと、新しいはずですが、なんだか「火曜サスペンス劇場」?のような雰囲気が…。

小説を見てから、映画を見てしまうとちょっと期待外れな気がします。
映画しか見てない方は、ぜひ小説の方も読んで下さい!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ