レビュー一覧に戻る
ヘイフラワーとキルトシュー
2005年10月15日公開

ヘイフラワーとキルトシュー

HEINAHATTU JA VILTTITOSSU/HAYFLOWER AND QUILTSHOE

722005年10月15日公開

ets********

2.0

カワイイけどさ・・・

皆さん、カワイイってだけで評価がかなり高いですが・・・ 正直ストレスの溜まる映画でした。 確かに出てくるインテリアや、ガーデニング、お洋服やチビッコ達はカワイイっ!! でも、まずはこのタイトル・・・。 主人公の女の子二人の名前なのですが、実際はヘイナとトッスーらしく、 フィンランド語で、親が子供を呼ぶ時も、明らかにこんな発音はしてないのに、 わざわざどうしてこんな複雑な翻訳で、タイトルになってる名前まで付け直しちゃったのか?? カワイイから??? この映画に出てくる両親は、子供や伴侶に対して思いやりに欠けすぎてるし。 何よりわがまま放題の妹に甘すぎ。 かわいいから??? 母親は何も出来ないのに、プライドだけが高いし。父親は思いやりのないオタク。 思いやりだけで生きているヘイフラワーがカワイソすぎる映画でした。 そりゃ、あんな家に生まれたら、ストレスだらけですよ。 妹の見た目がかわいくても、親があぁだったら私でも家出すると思います。 素敵でやさしい、お隣さんがいるから救われたこの一家。 隣人が別人だったらとっくに家庭崩壊デスね。

閲覧数417