レビュー一覧に戻る
ヘイフラワーとキルトシュー
2005年10月15日公開

ヘイフラワーとキルトシュー

HEINAHATTU JA VILTTITOSSU/HAYFLOWER AND QUILTSHOE

722005年10月15日公開

Michelle

5.0

ネタバレうちですか?

うちにはちょうどこの2人の姉妹と同じ年の娘がいるし、自分自身が長女でもあるので親目線としても長女目線としても、どっぷり重ね合わせて観れちゃう一作でした。 うちのお姉ちゃんにも、「あ~、こんな風に勝手にお姉ちゃんにさせちゃうことって、よくあるなぁ。」なんて、反省で胸が痛みました。 それでも、お姉ちゃんって頑張っちゃうんですよね。 そして、妹は何も出来ないくせに、お姉ちゃんぶって悪態つくのがまたカチンとくると。 なので、お姉ちゃんが爆発したときは、「やったー!!」と思いました。 そこから全てがパニックだけれど、でも温かいのはママがお姉ちゃんの気持ちを見付けようと一生懸命になるところ。 普段はお姉ちゃんに任せっきりだけど、でも娘に対する愛情はしっかり持っている。 誰だって、向き不向きがあるし、家事育児に対する思いも違う…けど、親って子供に1つ1つ反省させられながら、人間としても親としても成長していけるんですよね。 その中で見付けたことが、きっとその家庭で1番なんだと思う。 入学した日、「もう、小学校だなんて…」と言ったママ。 私も全く同じことを思いながら、新しいランドセルを背負って出掛ける娘に手を振ったばかり。 この同じ時期に、こんな素敵な映画に出会えて本当によかったです。

閲覧数425