レビュー一覧に戻る
ヘイフラワーとキルトシュー
2005年10月15日公開

ヘイフラワーとキルトシュー

HEINAHATTU JA VILTTITOSSU/HAYFLOWER AND QUILTSHOE

722005年10月15日公開

mi_********

5.0

こんな優しいところに住みたい

小さい頃、田舎の良さってなかなか気付かなかった。 18から東京に住んで、やはり東京も愛している。 でも毎日の生活の中で。 心がささくれてるのは常に感じてて・・ 便利さと引き換えに手に入れた 電車の中の、記憶にも残らないひともんちゃくや 気の合わない人と摩擦しながら 取り繕う日々を超えた週末。 この映画を観て、一気に おだやかな気持ちになってしまった。 草の香りまで香ってきそうな、鮮やかな緑。 おもちゃで出来ているみたいな家。 不思議な薬のようなパン生地や、 かわいい登場人物たち。 透明感のある色、ポップな色、 そして美しい2人の姉妹。 まるで魔法使いのような近所に住む女性たち。 ちょっとした旅に癒されに出かけたような、そんな気がした映画でした。 ああーこの家に下宿できたら・・・!心からそう思いました。 かもめ食堂と観後感が一緒だった。 これもフィンランドパワーなのかしら。 ※ちなみに、一緒に観ていた人によると、  天気の悪い(あまりよくない)日の多い国は、  必然的に庭や家がキレイになったり、凝ったインテリアを使って  素敵な部屋作りをしたりするとか。  確かにイギリスもそうだった。北欧諸国もそうなのかしら。

閲覧数417