レビュー一覧に戻る
ヘイフラワーとキルトシュー
2005年10月15日公開

ヘイフラワーとキルトシュー

HEINAHATTU JA VILTTITOSSU/HAYFLOWER AND QUILTSHOE

722005年10月15日公開

nuk********

4.0

白夜の国のカラフルな映画

ヘイフラワー、健気でかわいすぎる キルトシュー、小悪魔でかわいすぎる おとうさん、おイモ界の筋金入りのオタクですやん おかあさん、「私は外で働くべき人間なの」って言いわけですやん お隣さん、さすがにパン生地セラピーで使った生地で焼いたパンは食べる気しないよ おまわりさん、運動会に参加していてお仕事は?てなった フィンランドは白夜の国なので、昼のビビッドな色彩に対して、夜は灰色と水色を合わせたような淡い色彩で美しかったです。 ヘイフラワーが本当に良い子で癒されます。 でもその分、周りの人間がヘイフラワーに甘えて自分勝手に振る舞うのでイライラします。 ヘイフラワーがぶち切れて当然!でも切れたヘイフラワーもかわいい。 妹のキルトシューのわがままぶりもムカつくのですが、叫ぶようでたどたどしい喋り方のせいで憎めない。やっぱりかわいい。 ヘイフラワーが中心に居ますが、ヘイフラワーが成長すると言うよりは、ヘイフラワーの周りの人たちが少しだけ成長するお話でした。 衣装とインテリアとパン生地セラピーの生地がカラフルでおしゃれで、さすが北欧です!

閲覧数772