2005年10月15日公開

ヘイフラワーとキルトシュー

HEINAHATTU JA VILTTITOSSU/HAYFLOWER AND QUILTSHOE

722005年10月15日公開
ヘイフラワーとキルトシュー
3.9

/ 142

37%
35%
18%
6%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(85件)


  • npp********

    4.0

    子供だって大変です・・・

    ヘイフラワーはワガママな妹キルトシューの世話や何もしない母親の代わりに家事をしたりと大忙し! もうすぐ小学校へと通うことにもなるヘイフラワーは悩みが尽きない。 しっかり者の姉として一家を支えるのもとうとう限界が来てしまい・・・ フィンランドのホッコリ映画♪ のどかな空気とクセのある登場人物でクスッと笑えます。 ヘイフラワーは子供だというのに家族から頼られっぱなし! 両親は妹のキルトシューばかり気にかけて納得がいかない! お姉ちゃんの反乱が始まるのです。 両親のダメっぷりが心配になる(笑) 母親は家事ができないと言うわ父親はイモの研究で自室に閉じこもってばかり! 姉妹ならではの衝突があったりと結構ゴタゴタしております。 家族の問題は強引に解決したりもするけれど、あまり深くは気にしないw 家のインテリアがカラフルで日本ではあまりお目にかからないような雰囲気! 映画は気軽に色んな場所へと旅ができるなぁと改めて実感する。

  • ぼちぼち

    4.0

    かわいい。

    めちゃめちゃかわいかったです。 妹のキルトシューは、どうしようもないけど、小さいからかわいく許されます。 お姉ちゃん頑張りすぎ。 将来大きくなったら、この姉妹の関係はどうなるのかな、って思いました。 隣人の2人も面白かった。

  • ner********

    5.0

    可愛さの中にも胸をチクチク…

    もうすぐ小学校に入るお姉ちゃんヘイフラワー、 ワガママで甘えん坊な妹キルトシューのお世話や 家事の出来ないママのお手伝いに毎日大忙しで、 パパはイモの研究に没頭してちっとも家庭に目を向けない。 初めはとってもいい子なヘイフラワーなんですが、 とある事件をきっかけにこれまでの不満が爆発、皆を巻き込む事態に… 「児童向け」なんてありましたが、これが意外に大人も楽しめる内容です。 もちろん子役の二人の可愛さや演技も見所なのですが、 結構家庭のリアルな問題を突いていて…観ていて胸がチクチク痛むようでした。 また、子供達の視点がなんだかリアル。 ママのお手伝いから妹の世話に、不満も言わず頑張るお姉ちゃん。 両親は「できた子だ」なんて言うけれど、本当はいっぱい我慢してるだけ… 大人の為につい頑張っちゃう子って、いるんだよねぇ。 それにワガママなキルトシューの毒舌! 「子供だからっていつもいい子でいることないのよ。親なんておバカなんだから」だって(笑)。 口ばっか達者なんだけど、妙に感心させられる。 いるよね、キルトシューみたいに要領のイイ子も。 可愛い中にも、こうしたリアリティある子供達の気持ちが見事に描かれていたのがとても良かったです! 両親も欠点だらけなのに、なんとか自分達だけで解決しようとしちゃって 逆に問題が大きくなっていっちゃうタイプ。 でも家族って、大人も子供も皆不安・不満を抱えているんだよね。 お隣さんの存在も思わず笑っちゃいました。 子供って本当にそう!いつも美味しい物を出してくれて楽しいご近所さんなんかいると、そこの子になりたいって思うんだよね。 かく言う自分も小さい頃、そんな風に思ったことがしばしば(笑)。 姉妹は可愛くって、衣装や小物はオシャレで、でもそれだけじゃない。 なんだか胸の奥にしまわれてる、小さい頃の記憶をくすぐられるような鋭さもある映画でした。 ラスト、寄り添う姉妹には思わず心がジ~ン。二人とも、本当にお互いを思ってるんだね。 最後のヘイフラワーの後ろ姿は、両親にとっては嬉しくもあり寂しくもあるんだろうね… そう、小さいうちはもっとわがままな子でもいいんだよね。

  • rub********

    3.0

    可愛い映画

    可愛い、ほのぼの映画。 気楽に見れる作品。 主役の姉妹が、とても可愛い。 インテリアやファッションも可愛い。 フィンランドが気になってる人は、好きになること間違いない。 子ども向けの映画なので、内容がわかりやすい。 また、70分ちょっとなので、気安く見れる。 不思議な人達がいっぱい出てくるが、ファンタジーな内容なので、あまり気にならない。 めっちゃ面白いというのではないが、姉妹の可愛らしさで、☆3つ。

  • ina********

    3.0

    ネタバレおい母親!問題なのは家事じゃない!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • non********

    4.0

    完璧じゃなくていいじゃない

    いい子でいようとしたって理不尽なことあるし、 理想的なお母さんでいられないし、別にそれでいい。 ただ、周りへの思いやりは忘れちゃダメ。って思った映画。ほっこりめ。スウェーデン後で見ると大分キルトシューが強い子に見えるのに、吹き替えで見るとお茶目に見える不思議。あとお父さんも吹き替えだとかっこよく見える笑。スウェーデン語だとただのオタクって感じ。 最初にキルトシューが 子供だからっていつもいい子で入る必要ないのよ って言ってて、最後にはヘイフラワーが 子供だからっていつもいい子なわけじゃないの っていうのが、ヘイフラワーがそれに気付けてよかった!!って思うわ。ヘイフラワー爆発しなかったら、病んじゃうもん。ただ、キルちゃんはいい子な時がないだろって突っ込みたくなるけど。キルちゃんかわいいな。

  • e_s********

    5.0

    ヘイフラワーちゃんの反乱♡

    動く絵本のよう♡ 一見、現実感なさそうなのに、描かれていることはとてもリアルというか、どこの家庭でもある、ある!というようなエピソードが沢山あって親しみが持てる。 超わがままな妹、キルトシューちゃんに、みんなが振り回されて、今まで、妹の面倒や家事をいってに引き受けていたヘイフラワーちゃん。妹のあまりの傍若無人ぶりに、プツンと切れて、大反撃に出る(^^ゞ  「そうだよね~」と、すべてが微笑ましい~♪ パパもママも不器用だけど、娘たちのことを心から愛しているし、お隣の姉妹もまた面白くて笑わせてくれる~♪  家、家具、小物やベッドカバー類まで、すべてが可愛い~♪ 永遠の女の子ムービー♪

  • nuk********

    4.0

    白夜の国のカラフルな映画

    ヘイフラワー、健気でかわいすぎる キルトシュー、小悪魔でかわいすぎる おとうさん、おイモ界の筋金入りのオタクですやん おかあさん、「私は外で働くべき人間なの」って言いわけですやん お隣さん、さすがにパン生地セラピーで使った生地で焼いたパンは食べる気しないよ おまわりさん、運動会に参加していてお仕事は?てなった フィンランドは白夜の国なので、昼のビビッドな色彩に対して、夜は灰色と水色を合わせたような淡い色彩で美しかったです。 ヘイフラワーが本当に良い子で癒されます。 でもその分、周りの人間がヘイフラワーに甘えて自分勝手に振る舞うのでイライラします。 ヘイフラワーがぶち切れて当然!でも切れたヘイフラワーもかわいい。 妹のキルトシューのわがままぶりもムカつくのですが、叫ぶようでたどたどしい喋り方のせいで憎めない。やっぱりかわいい。 ヘイフラワーが中心に居ますが、ヘイフラワーが成長すると言うよりは、ヘイフラワーの周りの人たちが少しだけ成長するお話でした。 衣装とインテリアとパン生地セラピーの生地がカラフルでおしゃれで、さすが北欧です!

  • ca7********

    4.0

    ネタバレかわいい~、だけじゃない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ets********

    2.0

    カワイイけどさ・・・

    皆さん、カワイイってだけで評価がかなり高いですが・・・ 正直ストレスの溜まる映画でした。 確かに出てくるインテリアや、ガーデニング、お洋服やチビッコ達はカワイイっ!! でも、まずはこのタイトル・・・。 主人公の女の子二人の名前なのですが、実際はヘイナとトッスーらしく、 フィンランド語で、親が子供を呼ぶ時も、明らかにこんな発音はしてないのに、 わざわざどうしてこんな複雑な翻訳で、タイトルになってる名前まで付け直しちゃったのか?? カワイイから??? この映画に出てくる両親は、子供や伴侶に対して思いやりに欠けすぎてるし。 何よりわがまま放題の妹に甘すぎ。 かわいいから??? 母親は何も出来ないのに、プライドだけが高いし。父親は思いやりのないオタク。 思いやりだけで生きているヘイフラワーがカワイソすぎる映画でした。 そりゃ、あんな家に生まれたら、ストレスだらけですよ。 妹の見た目がかわいくても、親があぁだったら私でも家出すると思います。 素敵でやさしい、お隣さんがいるから救われたこの一家。 隣人が別人だったらとっくに家庭崩壊デスね。

  • sam********

    5.0

    ネタバレ不器用ですが、肩がほぐれたっす。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sfh********

    2.0

    ネタバレお姉ちゃんがかわいそう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jun********

    5.0

    パン生地セラピーw

    とってもとってもとっても可愛いフィンランド映画☆ インテリアやお庭の色合いが可愛すぎるハート達♪ 姉妹も天使みたい☆ パン生地セラピー、やりたいっw

  • ろここ

    4.0

    ネタバレポップでカラフル♪素敵な家族♪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hap********

    2.0

    ネタバレお姉ちゃんって

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yum********

    5.0

    ネタバレかわいくて癒されます☆

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • col********

    5.0

    あたたかい気持ちになれる映画

    めちゃめちゃオススメです♡ (女の子のみに) フィンランドの映画なんだけど すっごくカラフルで ファッションもインテリアもすっごくお洒落(人・ω・o)♡ それだけでもツボなのに ちょっとじんわり温かさを感じる。 そして考えさせられる作品デス☆

  • yay********

    5.0

    透明感のただよう可愛さ

    長いお休み前、明日から私の天使たちのお世話に明け暮れますが こっそりとフィンランドの天使達に会いに行きました。 思い通りの配役のかわいらしさと長姉役の子の悪い子ちゃんぶりに共感を覚えました。 ありがとうです。1日いい顔で終えられたらいいなーと思います。

  • mi_********

    5.0

    こんな優しいところに住みたい

    小さい頃、田舎の良さってなかなか気付かなかった。 18から東京に住んで、やはり東京も愛している。 でも毎日の生活の中で。 心がささくれてるのは常に感じてて・・ 便利さと引き換えに手に入れた 電車の中の、記憶にも残らないひともんちゃくや 気の合わない人と摩擦しながら 取り繕う日々を超えた週末。 この映画を観て、一気に おだやかな気持ちになってしまった。 草の香りまで香ってきそうな、鮮やかな緑。 おもちゃで出来ているみたいな家。 不思議な薬のようなパン生地や、 かわいい登場人物たち。 透明感のある色、ポップな色、 そして美しい2人の姉妹。 まるで魔法使いのような近所に住む女性たち。 ちょっとした旅に癒されに出かけたような、そんな気がした映画でした。 ああーこの家に下宿できたら・・・!心からそう思いました。 かもめ食堂と観後感が一緒だった。 これもフィンランドパワーなのかしら。 ※ちなみに、一緒に観ていた人によると、  天気の悪い(あまりよくない)日の多い国は、  必然的に庭や家がキレイになったり、凝ったインテリアを使って  素敵な部屋作りをしたりするとか。  確かにイギリスもそうだった。北欧諸国もそうなのかしら。

  • Michelle

    5.0

    ネタバレうちですか?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/5 ページ中