ここから本文です

さよならみどりちゃん (2004)

監督
古厩智之
  • みたいムービー 162
  • みたログ 930

3.28 / 評価:240件

原作を再現する難しさ

  • mar***** さん
  • 2008年8月6日 17時37分
  • 閲覧数 226
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

かなり原作に忠実な作品。でもなぜか「イマイチ」な感じが残ってしまうんだなぁ。
原作はすごく好きだったのに。

忠実に再現しないで、脚色したり、省いたりすると
「良い所が台無し!なんであのシーンがないの!」とバッシング
再現したら再現したで
「こんな感じじゃない!」とバッシング

なぜ、イマイチかっていうとたぶん「リアル」すぎちゃったんだな。
漫画は「リアリティ」の範囲でおさまるけど、この映画は「リアル」すぎる。
セックスシーンも多いし、乙女ちゃん(星野まりちゃん)が胸モロにだしちゃってるし
(その胸がグラビアモデルのそれと違って「普通」でよけいにリアル)
演技もびっくりする程自然だし。
そのせいで「ダメな恋愛やっちゃってる友達のプライベートをかいま見ちゃったよ・・・」
みたいな、知りたくないのに知ってしまった感が残る。
だから、なんとなく気持ちがよくない。

難しいですねぇ、漫画を映画にするのって。


余談ですが、他の人も書いてますが、胸ださないでブラくらいで充分だったと思う。
一番良いシーンなのに胸が気になってしまって入り込めなかった・・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ