ここから本文です

クラッシュ (2004)

CRASH

監督
ポール・ハギス
  • みたいムービー 2,359
  • みたログ 6,674

3.92 / 評価:2032件

うーん

  • yuk******** さん
  • 2018年9月19日 16時01分
  • 閲覧数 1371
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

DVDで鑑賞 
職権乱用で不当に女性を辱めた(レイプの一種)警官が
人命救助したからすべて許される?
逆恨みどころか逆切れの末の発砲が
空砲だったためにお咎めなし?

確かに人は弱いもので 完全な悪ばかりではないし 事情もある
が、
世の中は理不尽に回っていくもの なのか
罪は罪でしょ
スッキリしない

票獲得の為だけに人種を選び本物のヒーローを黙殺する旦那相手に電話で愛してるってささやかれても…

そのグレーの部分も理不尽さも飲み込んで前進できる
それが人間の強さであり 優しさなのか
弱いからこそ愛しいのか
うーん

クラッシュ ほんの少しすれ違うだけの人たちが
本音でぶつかるというより 怒りをぶつけ合う感じ
DVDだったし 集中して見られていなかったのかな…
なんだかバラバラのまま終わってしまった

それでも部分的に心を打つシーンはうまく作られており
多くのエピソードを組み合わせているのに
構成がわかりやすくて見やすい

でも大事な部分が所々抜け落ちているような
マットディロンも最低な警官は吐き気がするほどイヤな奴だったし
後半はまさにヒーロー!でカッコいいのですが…一人の人間として滲み出る一貫性がない(後輩警官も)
役者さん自身が持つ魅力で人物に対して何かは感じるのですが
書き出したらキリがありませんが人物がザツ
ヒューマンドラマにこの構成でこの尺では厳しいかな
上手く作られているけれど時にそれが都合よく型どおりに作られている感じがしてしまい
我に返ると なんだかモヤモヤ
 パパラッチ的…と言っては厳しすぎるか… 
ちょっと上質なワイドショー
見せたい感情を表現するために人情に効果的な部分を作って繋げたような 目くらましの切り貼り感動があるだけ とも感じてしまう
それまでリアルだとすると淋しい

ここに描かれているよりも多くの
暴力 偏見 差別 争い が氾濫しているのかもしれません
人種はわかり易い差別の1つであり
怒りを正当化(正当じゃないけど)しやすい理由の1つかもしれない

正しい行いが必ず報われるものでもなく 
誰もが聖人になれる訳もなく
(人種だけでなく)自分と異なるものを恐れる気持ちも理解できる
皆が怒りのままに行動していたら
…クラッシュ 世界は壊れてしまう

誰もが美点だけではないけれど 悪だけでもない
すれ違うだけでなく もっと相手を深く知ったら
みんなもっと幸せになれるのでしょうが…
描こうとしているものはストレートに伝わってきて
改めて考える時間にはなったかも
後悔しないように 大切に生きたい

多くの人種を抱えるアメリカの懐の深さのイメージの
よいところだけ見ようとしてしまう
その目の前に 現実を突きつけられたのか
これほどギリギリのラインで持ちこたえているのか
今でも(2004年?)ロスはこんな感じなのか??
銃が怖い

尖った心を癒すのは 愛
それは表現されようとしていた?けれど 
一部を除き 何故かあまりリアルに伝わってこなかった かも

愛よりも憎しみや怒り 背徳 の比重があまりにも重かったからかな
まあ人生喜びより苦しみの方が多いのかもしれませんが…
現実的すぎる

それでも 誠実さ 美しい心 愛 はその中でも静かに存在し続ける
あの鍵修理の人がちょっとよかった(&その子もかわいい)
が、あのマントの話をするキャラから想像して…
こっそりドアの修理まで頼んでくれるくらい親切な人(でドア屋さんがすっぽかしてあの状態に至る)だったらもっとしっくりきたかな
まあ立派な人は出てこない 普通の人々だからいいのか…
空砲の場面は演出が上手く感動し思いっきり力が入りました(涙)が
冷静になると…自分が親なら必死に突き飛ばすなり駆け寄るなりして自分が盾になるかな…とか
ああ雑念が…ww

響いてくる愛が弱いのは何故か
辻褄はバッチリ合っており
ダークな部分はリアルなのか 不快感満載なのに
愛情や許しの部分は大雑把で手軽すぎる感じが(人物の心の動きの背景など)してしまうのは気のせいか…

某作品たちと比べてしまうせいなのか
人間はもっと残酷な部分も持っているかもしれませんが もっと深いものも持っているのでは… 
本来なら☆3くらいかもしれませんが 気持ち的には辛口の☆1.5



蛇足ですが…
アカデミー賞 受賞作品全部見た訳ではないですが
わかりやすい作品が多いのでしょうか

最後まで見てから 前半はきっとこんなだったに違いない
と思い当たって 
最初の方を見返して(内容を確認するだけでなく)噛みしめたくなる…
なんて感じはきっとNG

映画をある程度見慣れた人なら 
一回鑑賞しただけでその時々の感情
嬉しい・悲しい・好き・嫌いetc がにダイレクトに伝わってわかりやすい
そして作りなれたコナレ感のある作品?

それはある意味 エンタテイメントとしての映画の原点の一つでもあるということか
エンタテイメントの条件の一つではあるのかな
なんて
ふと

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ