ここから本文です

チキン・リトル (2005)

CHICKEN LITTLE

監督
マーク・ディンダル
  • みたいムービー 25
  • みたログ 844

2.90 / 評価:245件

解説

失敗ばかりの主人公“チキン・リトル”が繰り広げる、未体験のアドベンチャー映画。誰にも信じてもらえない主人公が、自分を信じることで家族や友達の信頼を勝ち取っていく物語。ディズニーが初めて3DCGアニメーションを手がけたことでも話題となっており、従来の2Dアニメーションとの融合を見ごと成功させ、キャラクターたちがより生き生きと動き回りる姿が魅力的だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

いつも失敗ばかりしてしまい、町の笑い者扱いされているチキン・リトル。なんとか名誉挽回しようとするが、さらに失敗を繰り返してしまう。そんなある日空から正体不明の物体が落ちてきて……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)DISNEY ENTERPRISES,INC. All rights reserved.
(C)DISNEY ENTERPRISES,INC. All rights reserved.

「チキン・リトル」アニメならではの変形ギャグと映画のパロディが満載

 すべての面で予想を気持ちよく裏切る秀作だ。写真で見ると「?」なチキン・リトルだが、スクリーンで動きはじめると、表情も動きもじつにかわいい。擬人化された動物だけで描く懐かしい手法も、意地悪な優等生が雌ギツネだったり、絶妙のキャラ設定で、かえって新鮮。体が縮んだり顔が膨れたりするアニメならではのギャグも素直に笑える。いじめや言葉の暴力など、人間で描かれると生々しくなる描写も寓話として受け止められる。

 だが、何より楽しいのは、あふれる“遊び心"。「ライオン・キング」にはじまり、「キング・コング」や「宇宙戦争」など映画のパロディー満載。炭酸飲料の噴射で空を飛んだり、チキン・リトルが次々と見せる冒険はユニークな着想に感心させられる。魚に水槽状態の潜水ヘルメットをかぶせ、陸上生活させるアイデアも見事な発想の転換だ。チキン・リトルと3人の仲間がカラオケ好きで、物語に即して70年代のヒット曲が弾ける味付けもうまい。また、犬の親子がフリスビーで遊んでいたり、世相を反映したギャクもさりげなくちりばめられ、ほほ笑んでしまう。こうしたユーモラスな描写の積み重ねで人を思いやる温もりを自然に伝え、幸せな気分に包まれる。

 なお、本作には3D版もあり、東京近郊の2館で限定公開される。なかなかの迫力なので、機会があったら見て欲しい。(山口直樹)

映画.com(外部リンク)

2005年12月29日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ