2006年5月20日公開

ダ・ヴィンチ・コード

THE DA VINCI CODE

1492006年5月20日公開
ダ・ヴィンチ・コード
3.2

/ 4,042

13%
30%
34%
15%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(1,823件)

知的31.6%不思議15.4%スペクタクル9.7%不気味7.9%ゴージャス4.9%

  • ミミ

    5.0

    すごく良いです。

    何度みても、感動します。 大好きな映画の一つです。

  • yyb********

    4.0

    ミステリーは奥深いが

    ミステリーは奥深いが、ストーリー運びがやや重々しく迫力薄。

  • hik********

    2.0

    小説版の良さを全然、生かしきれていない。

    先に小説版を読みました。 やはり映画というだけあって、小説版での場面ごとのイベントが映像化されているのは嬉しい。何よりわかりやすい。 キャスティング面でも、オドレイ・トトゥが良かったですね。 しかし、やはり小説を読んだ後に映画を見ると、遺憾が残ってしまうのは否めません。 アリンガローサ司教とファーシュ警部の扱いに納得いかない。 ヴェロナは小説版と違ってロレックスの件が生きていない。あれでは、ただの蛇足に思えてしまう。 とどめに「ソフィー」が無いクリプテックス。これはガッカリしました。 残念な実写化でしたね。

  • ねこやま

    4.0

    エンタメ性は抜群

    物語のスケールが壮大で、完全に都市伝説。 仕掛けの数々は謎解きシュミレーションゲームみたい。 『あんたも、そっち?』と、どんでん返し過多には食傷気味。 まさにハリウッドエンターテイメント。

  • kri********

    3.0

    ネタバレ面白いが、黒幕の設定に無理がある

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ダ・ヴィンチ・コード

原題
THE DA VINCI CODE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日