ここから本文です

ダ・ヴィンチ・コード (2006)

THE DA VINCI CODE

監督
ロン・ハワード
  • みたいムービー 444
  • みたログ 1.1万

3.21 / 評価:3,704件

解説

世界中でベストセラーになっているダン・ブラウンの同名小説を映画化した超大作ミステリー。レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に秘められた謎を、アカデミー賞俳優のトム・ハンクス演じるロバート・ラングドンが解き明かしていく。そのほかのキャストに『アメリ』のオドレイ・トトゥや『レオン』のジャン・レノら演技派スターも名を連ねる。監督はアカデミー賞を獲得した『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード。ルーヴル美術館で撮影が行われたり、歴史的価値の美術品がぞくぞくと登場するところも見逃せない。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

「ダ・ヴィンチ・コード」原作の弱点がストレートに反映

 「ダ・ヴィンチ・コード」という小説は、聖杯伝説の真相を語るうんちく話はすこぶる面白いが、サスペンスとしては構成も詰めもかなり甘い。うんちくを語るために事件が起こり、キャラクターが配されているという感じさえある。その弱点を補強して、殺人事件に巻き込まれた象徴学者のラングドン(トム・ハンクス)とソフィー(オドレイ・ドトゥ)の運命にハラハラ・ドキドキさせ、カトリック教会が2000年に渡って隠蔽してきたミステリーの謎解きでワクワクさせてくれる映画を期待したが、さしものロン・ハワードも、このベストセラーを自由に再構築することまでは出来なかったようだ。

 原作の弱点がストレートに反映された映画になってしまった。一番肝心な、聖杯とシオン修道会の秘密に対しては、最後まで興味をひっぱり続け、バチカンの陰謀をのぞき見る面白さは十分に出たが、陰謀を仕掛けた方も、それに巻き込まれた主役たちも、キャラクターが描きこまれていない。故に誰にも感情移入できないし、事件の行方や決着も心配にならないのだ。唯一の例外はティービングを演じたイアン・マッケランで、彼の存在はすべての弱点を帳消しにすると言いたいほど魅力がある。(森山京子)

映画.com(外部リンク)

2006年5月25日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ