ここから本文です

ブラザーズ・グリム (2005)

THE BROTHERS GRIMM

監督
テリー・ギリアム
  • みたいムービー 140
  • みたログ 3,030

2.80 / 評価:684件

実在のグリム兄弟を題材に作られた冒険映画

  • hoshi595 さん
  • 2019年3月10日 4時18分
  • 閲覧数 607
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

実在のグリム兄弟が、それまでに集めた49編の話をまとめ1812年に出版した「子どもと家庭のメルヒェン集」がグリム童話の初版本。物語は、1796年彼らが子どもの頃のエピソードから始まるが、そこから広がる世界は童話の中に迷い込んだ彼らの冒険談になっていて「不思議の国のアリス」を思わせる。

主演は、ジェイソン・ボーン役で知られるマット・デイモンと「ダークナイト」のジョーカー役でアカデミー賞助演男優賞に輝いたヒース・レジャー。実際は次男だったヤーコプを弟ジェイコブとしヒース・レジャーが、三男のヴィルヘルムを兄ヴィルとしマット・デイモンが演じている。

本作品の特徴は美しい映像に尽きる。特に物語の主要な舞台となる”森”は素晴らしく、それがチェコに実在する森でのロケと知って二重の驚きだった。そして物語の中心人物である”鏡の女王”を演じたのは”イタリアの宝石”として知られるモニカ・ベルッチだから、この大自然の美しさに負けなかったのだと思う。

他にも、米HBOのTVドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」でサーセイ・ラニスター役のレナ・ヘディと、ハイ・スパロウ役のジョナサン・プライスが、ここでも共演しているし、米TVシリーズ「プリズン・ブレイク」のジョン・アブルッチ役で知られるピーター・ストーメアなどが脇を固めている。

これはもう”グリム兄弟”を讃える映画であって、劇中に”グリム童話”の登場人物がさりげなく出てくるに至っては、天国の”グリム兄弟”も大きな拍手をして喜んでいるに違いない。実在のグリム兄弟は学者として名を残していて冒険とは縁がないかもしれないが、兄弟の絆が強かった事は事実で、作品でも強調されている。

監督は、「未来世紀ブラジル」や「12モンキーズ」を手掛けたテリー・ギリアム。奇しくも同監督の「Dr.パルナサスの鏡」がヒース・レジャーの遺作となったのだから何か不思議な縁を感じる。それに”鏡”が重要な役割を果たしている点も両作品同じなのである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ