2006年5月13日公開

明日の記憶

1222006年5月13日公開
明日の記憶
4.0

/ 1,034

36%
39%
18%
3%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

広告代理店に勤める佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる。あらゆる事柄をメモに取り、病魔と必死に闘い始める夫を、懸命に受け止め、慈しみ、いたわる妻(樋口可南子)。彼女は共に病と闘い、来るべき時が来るまで妻であり続けようと心に決めるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(549件)

泣ける28.0%切ない26.6%悲しい19.2%絶望的7.2%恐怖5.5%

  • しろたん

    5.0

    ネタバレドキュメンタリー様に感じる程…引き込まれた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • レモネード

    5.0

    辛さが伝わる映画

    40歳後半で見ると明日は我が身かもと考えてしまう。

  • kaz********

    3.0

    重い

    重いテーマ。渡辺謙さん、樋口可南子さんの両者とも、素晴らしい演技だったと思う。でも、何故か涙腺を刺激するというところまで至らなかった。多分、脚本、演出がもう一つだったのではないかと推測する。最後は、えっ、これで終わりという感じだった。その前の部分、あれは夢だったの、何だったのという疑問も残ったまま、中途半端な感じ。主役の2人に加え大滝秀治さん、香川照之さんとオールスター配役の映画だけに、もったいない感じがした。

  • nisan

    5.0

    ホラー映画より怖い

    体力・気力・記憶力当の衰えを自覚し始めた人生の折返しを迎えた頃に鑑賞した。この先、他の病気と共に、主人公の様な現実が待っているかも知れないと思うと、恐怖でいっぱいになった。(多分、20〜30代で見たら、こんな感情にはならなかったと思う) アルツハイマーが進行するとソコをついて人が騙そうとしてきたり、受け止められない現実を暴力に変えてしまう程自分をコントロール出来なくなる可能性があることもスゴく怖かった。 のめり込み過ぎかも知れないが、あの状況になる位なら死ぬ勇気が欲しいと思ってしまった。

  • tok********

    5.0

    ネタバレつらいつらい映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
明日の記憶

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル