レビュー一覧に戻る
フランケンシュタイン

cyborg_she_loves

5.0

原作の忠実な映像化

日本で言えば2時間スペシャルドラマの2回モノとして制作されたテレビドラマが、後でつないで編集されて1本の映画として発売された、というものです。  最初から映画として巨額の費用を投入して作られたものではないので、セットは地味だし、2004年当時なら当然使えたはずのCGを始めとする特殊撮影技術もほとんど使ってない。  そういう制限の中で、重点を「原作を可能な限り忠実に映像化する」という点にしぼって作った作品です。  映像が地味な分、描写の焦点は登場人物たちの「心の動き」に集中することになる。  そういう心理描写がなかなか秀逸です。見ている間、いろんなことを考えさせてくれる。考えることが好きな人にとっては、3時間が全然退屈に感じられないと思います。  死んだ犬に電気ショックを与えることで一瞬だけ生き返らせたシーンを見ながら、これって現代人が心停止した人にAEDで電気ショックを与えるのとまったく同じことやってるだけじゃないか、と思いました。  その延長上で死体に命を吹き込むことが悪魔の所業だというなら、脳死者に人工呼吸器をつけておいて臓器をえぐり出して移植する行為は、すでに完全に悪魔の領域に入り込んでることになるんじゃないのか。  一度死んだ人間をよみがえらせることは、現代医療の現場では日常的に行なわれていることです。ヴィクターを「マッド・サイエンティスト」と決め付ける権利は現代人の誰にもない。  召使のジャスティンがウィリアムを殺したという嫌疑(じつは冤罪)のゆえに絞首刑にされるシーンは、悲しさと怒りのせいでちょっと正視できませんでした。  しかも牧師たちが「神よ彼女の罪を許したまえ」という白々しい祈りを唱えている中で、です。これって当時は実際に普通の光景だったんでしょうね。神よ彼女を許せ、と言いながら自分は彼女を許さず死刑にするという矛盾に誰も気づいていない人間の馬鹿さ加減に腹が立った。  でも、絞首刑にまではしなくても、これと同じような冤罪もまた、現代では日常的に起こっていることです。  物語の舞台は19世紀のヨーロッパでも、起こっている事柄は全然古くない。全部現代人に当てはまってる。だから、現実離れした恐怖物語としてではなく、全面的に共感しながら見ることができる。  心優しく、人を愛する心を持ち、ただ愛されることだけを求める「怪物」が、ただその外見上の醜さだけのゆえに人々から迫害され、追放され、彼を受け入れたのは盲目の人と先入観のない子供だけだった、というところも、現代の差別や「いじめ」とまったく同じ構図じゃないですか。  とはいえ、それほど人々から忌み嫌われるにしては、この「怪物」は美男子すぎるとは思いました(顔色が白塗りで不自然なだけ)。  原作の怪物は身長8フィート(2.5m)の大男ですが、ここまでデカければさすがに怖がられても無理はないでしょう。普通に歩いてるだけで2階の窓から顔が見えるような大きさですからね。  今のCG技術ならそういう怪物の映像を作ることは簡単だと思うんですが、このドラマの予算内では無理だったのかな。そのへんの映像をきちんと作っていたら、外見の恐ろしさと内面の優しさのアンバランスはより一層効果的に表現できて、よかっただろうな、と思いました。  低予算テレビドラマの宿命でしょうが。

閲覧数146