2006年4月29日公開

ブロークン・フラワーズ

BROKEN FLOWERS

PG121062006年4月29日公開
ブロークン・フラワーズ
3.5

/ 441

17%
36%
28%
14%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

多くの女性たちと気ままな恋を楽しんできた中年男ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は、ある日、「あなたの息子がもうすぐ19歳になります」と書かれた匿名の手紙を受け取る。困惑したドンは隣に住む親友のウィンストン(ジェフリー・ライト)に促され、手紙の主を探すためアメリカ大陸横断の旅に出るが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(226件)

切ない22.6%コミカル16.8%笑える15.2%不思議8.5%ロマンチック5.8%

  • とし

    3.0

    ビル・マーレイがいい

    2021年8月8日 映画 #ブロークン・フラワーズ (2005年米)鑑賞 #ジム・ジャームッシュ と言えばロードムービー 旅によって、何か得たかと言われれば、出会いはあっても、答えが難しい いい歳しても、金があっても、人生に満足できず、悩み続ける そんなことを感じてしまう映画でした

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレあの青年って

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • むん

    5.0

    恐ろしい(笑)

    分かった気になって、いい気分になればなるほど、気持ち良く梯子を外されます、監督に(笑) この作品の雰囲気が好きな人程、更に好きになります。

  • テレビっ子

    4.0

    まだ見ぬ息子探しというよりも、自分探しの旅でした どこに行っても動じない感じ、かっこよかったです

  • bee********

    4.0

    おしゃれ

    これはもう、ピンクの手紙の差出人がどの元恋人だとか息子はどいつなんだとかはとりあえず置いといて、終始無表情のビル・マーレイの演技にフレッドペリーのジャージとかエチオピアン・ジャズとかピンクの花束とかを添えて“実の息子”で落とす、という「洒落た」作品です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

カンヌ国際映画祭第58回

グランプリ

基本情報


タイトル
ブロークン・フラワーズ

原題
BROKEN FLOWERS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日