ここから本文です

いけにえ (2005)

DEVOUR

監督
デヴィッド・ウィンクラー
  • みたいムービー 5
  • みたログ 52

2.92 / 評価:13件

ゲームを通して人間を探す悪魔って…

  • ひな さん
  • 2011年12月16日 23時31分
  • 閲覧数 783
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ブラッディ・バレンタイン」と同じく、ジェンセン・アクレス目当てで鑑賞しました。
当時26歳なのでやっぱり若いですね~。

ストーリーはハッキリ言って意味が分かりませんでした。
ジャケットやタイトルからして地雷だったので覚悟してましたが、同じジェンセン主演ならまだ「ブラッディ・バレンタイン」の方が楽しめました。

パスウェイというゲームに参加したジェイク(ジェンセン・アクレス)の周りで次々と不可解な事件が起きていくので最初はサスペンスかと思ったら、最後でまさかのオカルトという超展開。
実はジェイクが悪魔の子だったなんて…なんだそりゃ。

唯一のグロシーンもハサミで舌を切るシーンのみだし、悪魔もショボ過ぎてコントレベルです。

余談ですが、ジェンセンの実父も父親役で登場しており、やっぱり父親もイケメンで親子共々目の保養になりましたw

ストーリー的には★一つなのですが、ジェンセンが見れたので★+一つ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ