レビュー一覧に戻る
ダイヤモンド・イン・パラダイス
2006年2月25日公開

ダイヤモンド・イン・パラダイス

AFTER THE SUNSET

982006年2月25日公開

kak********

3.0

引退してリゾートで夕陽を眺めるのは退屈?

世紀の大泥棒が引退してバハマの高級リゾートで引退生活を満喫できるのか?スリルとサスペンスの日々から毎日夕陽を眺める生活が退屈な訳は?5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンが007シリーズ以後に出た最初の映画だが、まるでスパイが引退して退屈な生活をしているようで可笑しかった。 物語は、バハマの高級リゾートで何不自由ない引退生活を送っている美男美女の泥棒に、執拗なFBI捜査官や、地元の女刑事も絡み、最後の”大仕事”の誘惑が迫りドタバタ騒動が展開される。毎日ご馳走ばかり食べていると飽きてしまうのと同じで、何不自由ない生活が退屈になるという贅沢なお話。 ヒロイン役には、「デスペラード」でアントニオ・バンデラスと共演したサルマ・ハエック。この縁で、ロドリゲス監督作品のほとんどに顔を出し一躍有名になったメキシコ出身の女優。本作品では、ボンドガールに劣らない魅力を発揮し中心的存在をこなしている。 監督は、「ラッシュアワー」シリーズを手掛けたブレット・ラトナーなので軽快でコミカルなアクション映画はお手の物。共演には「ナチュラル・ボーン・キラーズ」の主演で知られるウディ・ハレルソンや、「ホテル・ルワンダ」で主演を務めたドン・チールドなど、騒がしい舞台に相応しい俳優が揃っている。 しかし、スリルとサスペンスはあるものの、主要な舞台が高級リゾートなので、現実感なき夢のような物語が展開し、主人公達と同じく最後には日常の当たり前の生活が懐かしく感じて来る。例え贅沢な生活が送れても、そこに生きがいがないと満足出来ないのは人間の性なのか? 主演のピアース・ブロスナンは「トーマス・クラウン・アフェアー」でルネ・ルッソと共演したりボンド役以外でも実力を発揮しているが、やはりボンド役の方が様になっている。「007」シリーズと言えば、最新のシリーズでミス・マネーペニー役を演じているナオミ・ハリスも女刑事で出ていて楽しませてくれる。

閲覧数167