レビュー一覧に戻る
ダイヤモンド・イン・パラダイス
2006年2月25日公開

ダイヤモンド・イン・パラダイス

AFTER THE SUNSET

982006年2月25日公開

cha********

4.0

泥棒は簡単に足を洗えない

時に「ルパン3世」チックで、時に「007」チックな作品。 序盤の一連のやりとりなんかは、まさにプロスナンボンドの新作か?と思わせる展開。 主人公である泥棒マックスを追うFBI捜査官との化かしあいや奇妙な友情なんかは、ルパンでよく見たストーリー。 コメディ色を強く押し出した展開や二転三転する結末もなかなか面白い。 まさにパラダイスと言える南国リゾート感も心地よく、気軽に楽しめる映画です。 ジェームズ・ボンドにしか見えないピアーズ・プロスナンはご愛敬。 ボンドガールじゃなかったヒロインはサルマ・ハエック。 決して美人ではないと思うし、好みでもないですが、こういう役はピッタリな感じ。 全編水着か下着ってくらい露出度高し、ファン必見です。 ドジなFBI捜査官はウディ・ハレルソン。 このドジなんだけど、可笑しくどこか憎めない感じが絶品。この映画を面白くした最大の功労者かも。彼の女の口説き方は結構好きでしたが。 泥棒は一度そのスリルを味わってしまうと、なかなか足を洗えないみたいなことがよく言われてますが、そんな感じがコミカルに表わされていると思いました。 マックスが何気にレンタルしていたDVDもヒッチコックの「泥棒成金」だったし(笑)

閲覧数976