ここから本文です

アイドルたち (1968)

LES IDOLES/THE IDOLS

監督
マルク’O
  • みたいムービー 16
  • みたログ 37

4.25 / 評価:8件

若きビュル・オジェ

  • 文字読み さん
  • 2010年7月14日 9時42分
  • 閲覧数 416
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1968年。マルク’O監督。フランスの3人のアイドル(といっても日本のアイドルのような少年少女ではない)が、アイドルとして売れて、売れなくなって、の過程を描く裏幕モノ。実力とは無縁に人気だけが目安のアイドルというものが、そうなってしまった人たちを苦しめていくというよくある「作られたアイドル」を描く映画です。真面目にではなく極めて軽薄に、3人とも何を考えているのか分からない変わり者なのですが、アノ「68年」製作の本作は、軽薄さえもが生き生きと躍動している。人間的になるためにあえて軽薄なのですよ、というアノ感じ。終始ぼーっとした表情でいながら、日本のアイドルからは想像もつかないほど股を広げてぐわんぐわんと頭を振り回す若きビュル・オジェ。

若きビュル・オジェを見るためだけに見た映画でしたが、ロケ撮影が予想以上にきれいだった。一周して今ならアリのファッションも。ただ、それ以上の映画的な何かがあるかどうか疑問が残る作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ