ここから本文です

イン・グッド・カンパニー (2004)

IN GOOD COMPANY

監督
ポール・ワイツ
  • みたいムービー 39
  • みたログ 197

3.53 / 評価:45件

環境厳しいアメリカでは 解雇=死

  • red******** さん
  • 2008年8月25日 22時22分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

18歳でアメリカに渡った時、砂漠を彷徨い思った事。
仕事が無ければ死の扉が日本より近いって事。

アメリカでは、トイレに入るのさえ
25¢が必要である。

水も飲めない水道が多い。
(日本のように)公園の蛇口から生きる水が得る事ができない。


お金が無ければ「ミッション」に行くか「死」あるのみ。
若い女は売れば生き残れるが、アル中か薬中で早死する。

主人公の若い男(カーター)は余力を持っていたので数ヶ月間は悠々自適だろう。

この映画のシナリオが素晴らしい。
出版会社は今、苦境に立たされている。

それは世界共通の社会問題である。

アナタが旅行に行くならノートパソコンではなく本を持っていくべきである・・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 知的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ