ここから本文です

トランスポーター2 (2005)

TRANSPORTER 2

監督
ルイ・レテリエ
  • みたいムービー 266
  • みたログ 4,597

3.80 / 評価:1,202件

悪役二人に心を奪われた?

  • ハックル さん
  • 2011年2月14日 9時44分
  • 閲覧数 710
  • 役立ち度 28
    • 総合評価
    • ★★★★★

昨日までの3週連続「トランス・ポーター」シリーズをTV日曜洋画劇場で放映していましたね。

ふと振り返ると“2”のレヴューをしていないことが発覚!

これは一大事と、慌てて書き込み中であります。

このシリーズの内容は、皆さんご存知のとおりでありますので、触れませんが、際立つ特徴をいくつかご紹介します。

まず第一は、悪役のキャラでしょう。

アレッサンドロ・ガスマンとケイト・ノタの二人が抜群です。

特にケイト・ノタの“眼”が素敵なんですよね。

スクリーン越しではありますが、彼女の美しい瞳と、艶っぽい唇で迫られたら、どんな男もイチコロかと思いきや、このイカレタ性格のため、バカ女にしか見えないところがいいよね。

またアレッサンドロ・ガスマンという男ですが、どうもイタリア人のようですが、どう見ても南米あたりのマフィアですよね。

とにかく“目つき”が悪いし、毒舌しか吐かない“口”は、悪役以外の何者でもありません。
(彼は、007にも出演してませんか?間違っていたらゴメンナサイ)

とにかく、シリーズ3作中、これほど悪役に心を奪われた作品はこれだけです。

難点は、ヒロイン?役アンバー・ヴァレッタが、僕の好みではなかったことですね‥。

それが、マイナス点でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ