ここから本文です

トランスポーター2 (2005)

TRANSPORTER 2

監督
ルイ・レテリエ
  • みたいムービー 251
  • みたログ 4,490

3.79 / 評価:1,153件

自己陶酔タイプの人向け

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2018年4月24日 0時42分
  • 閲覧数 811
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ブルース・リーとか、ジャッキー・チェンとかっていうアクション俳優は、映っているとおりのアクションを、実際にやってるわけです。本当に建物の3階からジャンプしたりしてるから、ジャッキー・チェンなんかは年柄年中骨折したり入院したりしてるわけです。
 この「トランスポーター」シリーズは、画面に映ってるとおりのアクション(カー・アクションを含む)を現実にやっているシーンは、ひとつもありません。アクションシーンはぜんぶ、コンマ数秒のこまぎれシーンをつないで作ってあって、それらシーンの「間」は、観客が自分の頭の中でつないで見ているわけです。

 そういう映画を見て、「かっこいー」、「すっげー」といって興奮してるのって、あらためて冷静に考えたら、馬鹿馬鹿しくなってきませんか、皆さん?
 アウディが空中ひとひねりジャンプしてボディ裏の爆弾をクレーンの先端でこそげ落とす、って、そりゃほんとにそういうことを現実にやって、それを映像に撮影して見せてくれてるんなら、「うわ、こんなことやるなんて、すっげーな」と、そりゃ思いますよ。
 だけど、コンマ数秒のアウディの映像をつなぎ合わせて、それを連続して見たらそういうことやってるように見えるという、そういう映像を見せられても、「んなことできるわけねーだろ」という一言の感想を抱いて、それで終わりになるんじゃないですかね。

 いいやそんなことはない、この映像は紛れもなくカッコいい、と思われる方は、どうぞご自由に、存分にお楽しみください。
 私は、すみませんが、もう結構です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ