ここから本文です

愛と不思議と恐怖の物語 7人の巨匠がおくる7つのショートストーリー (2002)

監督
鶴田法男
下村勇二
片岡英子
鴻上尚史
中田秀夫
ケネディ・テイラー
黒沢清
  • みたいムービー 1
  • みたログ 7

3.00 / 評価:4件

相当良い!もっと有名になっていい作品

  • aqu***** さん
  • 2015年7月19日 23時07分
  • 閲覧数 390
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

関西テレビで放映されたオムニバスドラマのDVD化作品。
2005年の発売だから今から10年前。
 一番のインパクトは最後に収録されている「タイムスリップ」
大杉漣さんが、ほぼ一人芝居をしているが、今までに「見たことがない」ような奇妙な世界がたたみかけてくる。すごいです!!

 第1話「臨死体験」も面白い。お母さんの最後のセリフはちょっとホロッとくる。いい話です!
第2話「KACHOSAN」、は腹を抱えて笑った!!
冴えない課長がマトリックスのような格闘シーンを演じる。あの不思議な動きはツボにはまる。
第3話「『暮らし』と『住まい』」もシュールです。パンティにまつわる話で、終わり方がなんともキュートです。
第4話「宇宙に一番近い場所」は、どこからどこまでが回想なのか、2度見ないとわからなかったですが、傑作です。
第5話「進路指導室」は、金八先生のようなヒューマンドラマです。何と監督は「リング」の中田秀夫さん。東北訛りの役者さん、親子の会話がなんともいいですね~
第6話「浴槽の死美人」は、外国作風のどんでん返しもの。ちょっとよくわからなかったです。
で、最終話の「タイムスリップ」これは、相当にぶっ飛んでる!
この話だけでも、このDVDは見る価値があると思います。
全体的に良質な作品が多く、もっと話題になってもいいと思います!
マイナーなんでしょうね。
ふと、レンタルショップで目に止まって、借りてよかった~~!
ちなみに、怖い話はひとつもありません。
おすすめDVDです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ