2005年11月19日公開

マダムと奇人と殺人と

MADAME EDOUARD

972005年11月19日公開
マダムと奇人と殺人と
3.7

/ 26

23%
42%
19%
12%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ブリュッセルで“美大生連続殺人事件”が発生。レオン警視(ミシェル・ブラン)はボルネオ刑事(オリヴィエ・ブロッシュ)と愛犬とともに調査を進め、個性的な人々の集うビストロ“突然死”にたどり着く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(14件)

コミカル25.0%笑える19.4%楽しい19.4%不思議8.3%ファンタジー5.6%

  • goo********

    2.0

    笑える映画。

    謎解きや犯人を推測するような映画でないが楽しい作品だった。 レストランや警察署、墓や主役の家などの何ヵ所かの場所を中心に回り話が展開されていく。 登場人物が面白い人が多く、内容は薄いが主人公を含めやり取りが面白かった!

  • tak********

    2.0

    うーん

    いまいち。

  • マルコ ポーロ

    4.0

    いやぁ。映画っていいもんです。

    久々に、後味のすんごくいい映画。小気味のよい演劇ともいえる。個性的な役者が入れ替わり立ち代り、表舞台に登場、・・そして退場。人生、カラフル、なんか楽しいなぁ。生きるって捨てたもんじゃないなぁ。と思わせてくれて、肩の力が抜けるんだなぁ。って、私だけかなぁ。

  • oce********

    2.0

    話がごちゃごちゃしてる

    レオン警視のもとに来た殺人事件の捜査の依頼。 捜査の過程で向かったのは突然死という名のレストラン。 そこいるおかまのイルマはかつて付き合った実の娘と対面することに。 殺人事件と相まって、レストランの奇妙な人間模様が相互に描かれていく。 ただし事件が非常に分かりにくく、話が込み入りすぎている。 笑える部分もあるが、やけに殺人がブラックなどすべてが中途半端。 もう少し話を整理してから映画すべきだ。

  • mii********

    4.0

    ネタバレ女流監督に操られる奇人たち

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
マダムと奇人と殺人と

原題
MADAME EDOUARD

上映時間

製作国
フランス/ベルギー/ルクセンブルク

製作年度

公開日