レビュー一覧に戻る
プライドと偏見
2006年1月14日公開

プライドと偏見

PRIDE & PREJUDICE

1272006年1月14日公開

落ち込んだ時は映画

3.0

繊細にして重厚な文学作品を読んだよう。

「つぐない」「シラノ」と観て、ジョー・ライト監督作品は3作目。 この作品も、監督の世界観が遺憾なく発揮されている。というか これが長編映画のデビュー作らしいけれど。 映像は風景も衣装も美しく、音楽は耳に心地よい。ゴージャスな 気分を味わえる。 序盤、にこりともしないダーシーに嫌悪感を抱くエリザベス。でもちょっと心に引っかかる感じが、気難しい彼女の心に波紋を広げ、徐々に惹かれていくというのは、割とよくある話。 格調高く美しいのだが、登場人物にはあまり魅力を感じないのが残念だった。

閲覧数1,810