ここから本文です

ハチミツとクローバー (2006)

監督
高田雅博
  • みたいムービー 310
  • みたログ 3,938

3.21 / 評価:1,044件

「森田」は難しいよ

  • yuw***** さん
  • 2019年12月4日 2時37分
  • 閲覧数 63
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

伊勢谷友介?・・・と思ったら、「花燃ゆ」の吉田松陰か。確かにカリスマ性はあった。あったけど。
原作の「森田忍」は難しいキャラだ。チコちゃんの逆だもん。中身おばさんだもん。・・・と思う。

森田の中身は原作者の羽海野チカだと思う。そしてその「森田」がいないとハチクロの魅力は7割くらい減ると思う。

森田が引っ掻き回すから、恋愛のまどろっこしい部分がすべて解消される。原作を読んでてその爽快感はあった。そしてあの愛されキャラっぷり。ただのカリスマ芸術家じゃない。あのお馬鹿さ加減で、周りの人の図星を突きながらも、微笑ましく誤魔化されてしまう感じが魅力的。「あとは自分の心次第だよ」みたいに突きつけられる恋愛ストーリーになってる。

森田だけは実写化は難しいと思う。チコちゃんの実写化、できる?無理でしょ?あれと同じくらい。

それでも考えてみたけど・・・・・森田の実写化・・・・。
明石家さんまぐらいしか思いつかない・・・。
いや、やっぱり足りない。もっと羽海野チカエキスも足さないと・・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ