レビュー一覧に戻る
博士の愛した数式
2006年1月21日公開

博士の愛した数式

1172006年1月21日公開

vap********

4.0

寺尾聰にやられました

数学が天敵な自分が観てみたけど、いいですねこの作品。特異な設定でどんな物語かと思ったけど、何と言っても寺尾聰の柔らかく、純真な雰囲気の演技が素晴らしくて見応え十分でした。    数学、数(すう)のうんちく、解説も”博士”の真っすぐな数への愛情、敬いがあってこそ、ド・ド素人の自分にも響いてきました。数学の神秘の領域に触れられる人間、という仙人的な立ち位置と、寺尾聰の醸し出す味がマッチしていたと思えます。  数学から受ける恩恵や思慮、視座がやがて博士をめぐる特異な人間関係を暖かく包み込むことになるという展開がいいなぁと感心しました。  数学、数に関して、ゼミのような解説などによらず、言語的な観念で説いているので、門外漢でもゆったり落ち着いて作品に向き合えました。まぁ、万人向けの映画ですからね。また、登場人物もミニマムな構成でうるささがなく、いさぎよかったです。

閲覧数728