レビュー一覧に戻る
博士の愛した数式
2006年1月21日公開

博士の愛した数式

1172006年1月21日公開

しおびしきゅう

4.0

一時のうちに、永遠を感じる!

NHKBSプレミアムで鑑賞! 2021年11月15日(月)放送分を録画で! オイラが2021年に観た、336本目の映画! 交通事故を境に、それ以降の新しい記憶が、80分しか持たない、80分以上前のことはすべて忘れてしまう、ということに対する興味! 数学はオイラも好き! だから原作小説を読んだ! 17年前? そんなもんか、もっと昔のことだと思ってた! んで、本作、映画も観た! 15年ぶりぐらいに、今回2度目の鑑賞、かな? 話の筋は、特になかったね! 記憶が80分しか持たない数学博士と、その身の回りの世話をするために派遣された家政婦と、その息子の、何でもないような、心の交流! 博士の愛した数式は、オイラ―の等式と呼ばれるもの! eのiπ乗+1=0という、シンプルで理解できない、美しくてオイラにとっては超難解な等式だ! 自然対数の低eと、虚数i、円周率π、そして1と0! この5つの数字に、こんなシンプルな等式が成り立つなんて! でも、iπ乗なんて、全然イメージできない! 80分で記憶を失くしてしまうって、どんな気持ちだろう? 10年前までの記憶は、普通に残っている! 目を覚ますと、10年前のある夜の次の日だ! と思ったら、全然様子が違う! 鏡を見ると、歳を取っている! メモに書いてあるのは、『私は80分しか記憶が持たない』って! 理解できるだろうか? 切ない、辛い! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

閲覧数1,693