レビュー一覧に戻る
博士の愛した数式
2006年1月21日公開

博士の愛した数式

1172006年1月21日公開

tya********

3.0

原作を読んで欲しい

3ヶ月位前に、たまたま読んで、涙を流すほど感動したので、映画の放送に歓喜しました。結果、がっかりデス。深津絵里は大好きな女優さんで、寺尾聰もまあまあだと思いますが、浅丘ルリ子はイメージと合いません。映画が原作と違うのはよくある事で覚悟してましたが、大人になったルートが頻繁に登場することで、盛り上がりをそのつど断絶させている。脚本の構成が失敗しているんです。義姉も登場しすぎ。理知的な書き手である小川洋子によって完璧に構築された、まさしく数式のような原作を、ここまで変える必要あります?だから、面白くないんです.感動しないんです.原作を読んでいない人は、どうぞ読んで見て下さい.泣きますから。

閲覧数1,707