ここから本文です

博士の愛した数式 (2005)

監督
小泉堯史
  • みたいムービー 252
  • みたログ 3,803

3.73 / 評価:1046件

もう一押し欲しい

  • オーウェン さん
  • 2011年5月10日 9時02分
  • 閲覧数 827
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

事故によって80分しか記憶が持たない数学者と、そこに身の回りを世話する家政婦との交流を描いていく。

何事も数に当て込んでそこから驚きを生み出していく教授。
それに関心しつつも、どこか踏み込めない関係性。
そんな時子供の存在に触れ、ルート(√)と名付けられる。

友愛数などなるほどと思ったが、人間側のドラマに訴えかけるものが少ない。
記憶が80分の過程はどの時点なのかは明かされない。
家政婦は1泊しているのに、教授が記憶を無くした様子がない。そういう細かい部分が気になった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ