ここから本文です

ある子供 (2005)

L' ENFAN/THE CHILD

監督
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
  • みたいムービー 203
  • みたログ 952

3.69 / 評価:210件

再生の物語

  • reo***** さん
  • 2012年4月20日 13時32分
  • 閲覧数 392
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

大人でありながら子どもである。

フランソワ・トリュフォーの「大人は判ってくれない」という
映画があったけど、今作の時代は現代で、そんな状況が広まっている気がする。

大人なのに無責任、大人なのに自由奔放、大人なのにニート。

「大人」という規律に収まることが必ずしも良いことではないと思うが、
今の大人はそれぞれが自分自身の生活で一杯一杯になって
大人になりきれない子どもにまで目がいっていないと思う。

まあ、その分自立しなければいけないのだけれど。

僕自身は今24歳。おそらくブリュノとソニアと同じくらいの年代だろう。
今は子どもなんか欲しくない、まだ早いと思っているけれど
もしかしたら子どもを持つことで責任感を持たなければいけないことに
ビビっているのかもしれない。

最後に手を取り合って涙したブリュノとソニアはこれから「大人」の
階段を上っていくのだろう。自分もいつまでも甘えてられないなと思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ