ここから本文です

ある子供 (2005)

L' ENFAN/THE CHILD

監督
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
  • みたいムービー 206
  • みたログ 942

3.69 / 評価:206件

強烈なインパクトとパンチ力を持った小品

  • ポルティ さん
  • 2019年3月20日 9時41分
  • 閲覧数 248
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

小品ながら強烈なパンチ力だ。頭をガツンと殴られて、見事にノックアウトされてしまった。
主人公の青年ブリュノーはとんでもなくクズだが、彼の存在もストーリーもやたらにリアルで実際にありえる設定だけに、身につまされる気持ちになる。心が子供のまま、うかつに親になってしまったこんな若い未婚のカップルは日本にもいるだけにリアル感が半端ない。
この作品で見出されたヒロイン役のデボラ・フランソワの素人っぼさがいっそうの悲愴感を引き立たせる。ブリュノーのクズっぷりに振り回されながらも、たくましい母性を見せつける自然な演技が素晴らしい。

救いのないストーリーを淡々と綴りながら、彼らを取り巻く環境や周囲の大人達の無関心などを糾弾する鋭い視線もしっかり感じ取れるのは、この兄弟監督がケン・ローチと似た立ち位置にいるからだろう。
例えば日本でも荒れた教育現場で本来この映画を観るべきヤンチャ達にこれを見せれば、大切な何かを自主的に気付かせるきっかけになるかもしれないなどと考えた。それほどに強いインパクトとメッセージを持った奥深い作品だと思う。
このパルムドール受賞は納得だな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ