ここから本文です

トム・ヤム・クン! (2005)

TOM YUM GOONG/THE PROTECTOR

監督
プラッチャヤー・ピンゲーオ
  • みたいムービー 63
  • みたログ 498

3.98 / 評価:205件

ジャーと子象

  • tengu3711 さん
  • 2009年5月6日 12時27分
  • 閲覧数 248
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

いいよ、ジャー。

あの筋肉に説得力がある。

好きだよ、ジャー。

子象がまた、かわいい。

「象を返せ!」とジャーが、またまた怒りまくり、暴れまくる。


冒頭の真空飛び膝蹴り5人倒し、

高校の時の、対墨田工業戦以来だよ・・アノ見事なヒッテング!

その後の、ジャーのムエタイ仕込みの蹴り技・・・スゴイのひと言。

こいつ、絶対、強いわ・・・タコツボ吸引法のオヤジまで・・容赦無し。


空港での、あのシーンは、ジャッキーリスペクトってコト?

や、でもわかります。

ムエタイ式の、足を曲げて蹴りを入れる方法を映画で最初に見せたのはジャッキー。

ジャッキーの動き、アクションは、総合格闘技なんだよな。

特に、ジャンプしての蹴りとかは、ジャッキーの十八番だからね。

だから、ムエタイのジャーが、ジャッキーリスペクトは、当然。

今回驚いたのは、裏拳ならぬ裏肘が思いっきり出ていたところ。

あれ、まともに当たったら死ぬよ・・・反則技でしょ・・・


しかし、やっぱ、ムエタイ凄いわ。

格闘技としては、ほぼ最強に近い。

これだけ距離感を考えながら戦う格闘技って、めずらしいよな。

パワーより、バネだね。


しかし、この「トム・ヤム・クン」以来、ジャーの新作来ないな。

ピンゲーオ監督とジャーのコンビ作なら、絶対、観に行くわ、俺。

この手の映画を観ると、なぜか、タイ式マッサージに行きたくなる。

タイのお姉さんに、ボキボキ、「ひーひー」言わされながらも、

何故か、また一歩、ジャーに近づいた気がするアラフォーです。


ジャー、ちょっと行って来ます。($・・)/~~~

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 悲しい
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ