ここから本文です

トム・ヤム・クン! (2005)

TOM YUM GOONG/THE PROTECTOR

監督
プラッチャヤー・ピンゲーオ
  • みたいムービー 63
  • みたログ 498

3.99 / 評価:206件

階段登りは必見!

  • オーウェン さん
  • 2010年3月23日 23時18分
  • 閲覧数 455
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

「マッハ」で世に出たトニー・ジャーが、それを上回るアクションを送り出してきた!

間違いなくアクションスターの後継者的存在だが、トニー・ジャーの物語は悲壮感を相当に感じる。
なので覇気という点では誰よりも上だろう。

その代わりにパターン化されているのは気になる。
倉庫内でのバスや電車の置物。その中をバイクやスケートボードに乗り、蛍光灯で攻撃してくる連中。
ここに入った時点でジャッキーがやるようなアクションが想像できてしまう(笑)

だが心配はない。新たな名場面の誕生は、らせん状の階段を上りながら50人近くとのアクションをこなすシーン。しかもこれをワンカットで一切の休みなく行う。
大体10分ぐらいだろうか。トニーの息遣いがどんどんと激しくなっていくのが手に取るように分かる。
通常こういう疲れというのはあまり映画で見せないものだが、それが逆に本気度を高める。トニー・ジャーだからこその演出だ。

この後の「マッハ弐!」も楽しみだが、評判があまりよろしくないので複雑。
トニーも多少は喜怒哀楽を表現できるようになれば、よりアクションの幅も広がるはずだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ