ここから本文です

トム・ヤム・クン! (2005)

TOM YUM GOONG/THE PROTECTOR

監督
プラッチャヤー・ピンゲーオ
  • みたいムービー 63
  • みたログ 498

3.98 / 評価:205件

公開から10年経った今見てもスゴイ

  • arigatou1615 さん
  • 2015年12月17日 10時56分
  • 閲覧数 1377
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近のハリウッド映画のアクションときたら
CGやワイヤーを多用、細かなカット割りに激しい画面フラッシュで
アクションを穴埋めするかのように誤魔化す誤魔化す。


アクションというか実際はあまり強くないんじゃないの?
運動神経それほど良くない気がするな~


って思うような俳優がアクションシーンに挑んでいたり。
そこそこ有名だし人気のある俳優だから使いたいのもわかるけど。


そういうモヤモヤ、不満もあり

また、CGやワイヤーが登場した時は興奮したしワクワクだけど
最近ではどの映画も似たようなアクションシーンばかりで
もうお腹いっぱい、飽き飽きしてきたのもあり


突出したアクション俳優も見当たらないし

飛び抜けて印象に残るアクション映画もないし・・



・・・とまあ、こんな感じで興ざめしつつあったわけで
ある意味、本物のアクション映画の時代はもう終わったのかな~とさえ。



前置きがすっかり長くなってすみません。

そんな風なところへトムヤムクンを借りてきて観たものですから



もう絶句・・・!!


ただただ絶句・・・・・・・・!!


感動?感銘?

うまくいえませんが、すごくうれしくなりました。

砂漠のど真ん中で絶望していたら、水の湧くオアシスを見つけたような。
そんな気持ち。


まだこんな風にガチのアクションにこだわって
きちんと映画作りをしている人たちがいたんだ

という感激。


ストーリーは勧善懲悪ものだし、単純だし
俳優たちに演技力はないし、特にトニー・ジャーは演技力がない(笑)


だけど、それを上回ってお釣りがくるぐらいの大満足感。


特に好きなのが他のレビューでも挙がっている螺旋階段のシーン。

単なる螺旋階段ではなく、真ん中が吹抜けになっていて
これがなかなかの見ごたえ。


ロールプレイングゲームを見ているような感覚になる
螺旋階段を上りながら上へ上へと目指し
敵をバタバタ倒して、投げ飛ばして
殴って蹴って、壊して・・


この数分間の名シーンは、ワンカットで撮影されています。


まさに「編集で誤魔化さんぞ!ガチのアクションを見せてやる!」

の執念が伝わってくる凄まじさ。

このカメラワークが見事で、単に後ろからトニーを撮っているのではなく
絶妙に後ろを振り返ったり、遥か下の階下を吹抜けから覗き込んだりで
臨場感だけでなく、敵から一瞬で身を隠すシーン、うまくかわすシーン、
それらの視覚的なトリック要素もあり、実によく計算されているなと。



もしカメラマンが転倒したり、役者たちに接触したりしてもダメだし
トニーはもちろん、役者さんたちが
ほんの少しでもタイミングをずらしたり、しくじったりすれば


すべて水の泡になってしまうであろう
1からセットごと作り直さなければならないであろう

考えただけで血の気が引くような、超恐ろしいリスクを抱えての撮影。


闘いながら色々なものを破壊していくので
(テーブル、いす、壁、間仕切り、ガラス、壺、たんすetc)
もし、NGなんて出したらえらいことに・・・


そこを完璧にやり遂げた役者さんたち、カメラマンに
惜しみない拍手を贈りたい。


アクション映画に何を求めているかによって評価も違いますよね。


私が求めているのは、小細工なしの
「本当に強いなあ、かっこいいなあこの人」
と、尊敬に値するアクションシーンです。


細かな編集も加工もいりません。


ただただ、すごい格闘が観たい。

本当に、長年身を削って技を磨いてきた人だけが見せられる
武闘の達人のアクションが盛り込まれた映画が観たい。

それだけです。



ほかにもボートでの激走(激闘?)シーンも
肝が冷えるようなスリルに満ち満ちているし


カポエラとの戦闘シーンはド迫力で、そして美しい。



すごい映画ですね。
トニー・ジャーすごい!!
そして倒されていく役者やスタント陣もすごい!!
カメラマンもすごい!!!


こういう正々堂々としたアクション映画は
もうそれだけで胸がスカッとします。


昔のカンフー映画のような「ハイッ!ハイッ!ハイッ!」という

あきらかに息を合わせてるよね?

という掛け合いもないし、寸止めもなくガチで殴る蹴るなので



いやもうすべてが根底から違う
凄まじいまでのハイレベルなアクション映画だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ